●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

映画「1917 命をかけた伝令(Dolby-ATMOS・TCX・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「1917 命をかけた伝令(Dolby-ATMOS・TCX・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画『1917 命をかけた伝令(Dolby-ATMOS・TCX・日本語字幕版)』公式)を先日、TOHOシネマズららぽーと船橋にて「Dolby-ATMOS・TCX」で劇場鑑賞。

採点は、★★★★(最高5つ星で、星4つにギリギリ引っ掛かった感じ)。100点満点なら 70点にします。








【私の評価基準:映画用】
★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。
★★★★  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。
★★★☆☆  まあまあ。お金を払って映画館で観ても悪くない。
★★☆☆☆  好き嫌いの分岐点。無理して映画館で観る必要なし。
☆☆☆☆  他の時間とお金の有意義な使い方を模索すべし。


ディレクター目線のざっくりストーリー

第一次世界大戦真っ只中の1917年4月6日の朝、若きイギリス人兵士のスコフィールドとブレイクに、エリンモア将軍から重要な任務が命じられる。それは、「ドイツ軍が戦略的に後退している」ことを知らずに攻撃態勢に入っているデヴォンシャー連隊へ、明朝までに作戦中止を届けること。

進行する先には罠があり、更に1600名の味方の中にはブレイクの兄ジョセフも配属されている。2人は戦場を駆け抜け、伝令が間に合わせなければ、兄を含めた1600名の味方の兵士が全員命を落とし、イギリスは戦いに負けることになる。ブレイクとスコフィールドは、タイムリミットのある危険で困難なミッションに突入する…

TCXで"戦場最前線の緊張感を登場人物らと感じる"には成功

いつものように、事前情報は出来るだけ予告編だけの状態で劇場鑑賞。予告編にあった「全編ワンカット 戦場を駆け抜ける驚愕の臨場感」の文字に誘われて、敢えて「Dolby-ATMOS・TCX」を選択し、いつもより前の方に席を取って鑑賞した。

お陰で、恐らく本作のサム・メンデス監督が目指したであろう “戦場の最前線の緊張感を登場人物らと一緒に感じる” には成功したと思う。

緻密なカメラワークとCG合成による全編ワンカット風の映像は劇場向け

正直、予告編にあった「全編ワンカット」は偽りだ。緻密に計算されたカメラワークとCG合成技術によって(中盤以降は “暗転” も多用される)作られた所謂「全編ワンカット風」の映像だ。

具体的にどのような巧みなテクニックで「無編集」のように魅(見)せているのか気にはなるが、本作の凄いのは、その巧みな技術の品評会やお披露目会になっていなことだ。

戦場の最前線にいる登場人物と同じように “実時間” を共有し体験するための、合理的、且つ挑戦的な映像手法になっており、これは明らかに映画館の大きなスクリーンの前の方で観るための映画だ。それだけは間違いない。恐らく、家のテレビで観たらだいぶ印象が変わると思う。

「全編ワンカット風」が本作への評価の"諸刃の剣"になっている

そう思わせるのは、「全編ワンカット風」が本作への評価の “諸刃の剣” になっているから。確かに、臨場感や緊張感、緊迫感はスゴイ。「TCX」で観ると、まるでVR体験をしているような間隔さえ味わえる。しかし、この「全編ワンカット風」をやるために、まず、似たような映像が続いてしまうと言うのが最大の弱点。

最初の20分程は驚きの連続だが、30分もしてくると「こっちからカメラは回り込むよね」なんて思えて来る。また、ドラマとしては主要な登場人物が2人しかしないから会話劇の面白さに乏しい。まあ、「会話劇を楽しむ作品でない!」と言われれば、それまでだが。

また、ストーリーは、『走れメロス』と同様に、主人公がミッションを達成できるか? と言うのが主軸。いや、それしかない。だから、緊張の連続が過ぎて、エンターテインメントとしての緩急に乏しいのだ。もちろん、こちらも「戦争に緩急なんてあるか!」と言われれば元子も無いが。

"自然な時の流れ" の映像美は、本作ならではの醍醐味

ただ、映像そのものは、とても美しい。人間の目だけでなく、様々な視点を上手く利用して、戦場の広さと、戦地そのものの狭さ、人間と人間の距離感を丁寧に描写した上で、「全編ワンカット風」の映像が創り出す “自然な時の流れ” の美しさは、本作ならではの醍醐味だと思う。

あとがき

「全編ワンカット風」の映像が創出する、戦場の最前線にいるような疑似体験と、自然な時の流れを美しく描く本作の映像美は、音響設備の良い映画館の大スクリーンの前の方で観てこそ価値があると思います。予告編の「全編ワンカット」を意識せず、戦場に放り込まれたような臨場感を単純に体験するのが、本作を最も楽しめる鑑賞方法だと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
映画「1917 命をかけた伝令」オリジナルサウンドトラック(CD/輸入盤)
1917 命をかけた伝令【DVD化お知らせメール】 [Blu-ray]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13860/

スポンサーサイト



映画「37セカンズ」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「37セカンズ」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画『37セカンズ』公式)を先日、劇場鑑賞。
採点は、★★★★(最高5つ星で、星4つ)。100点満点なら 80点にします。

【私の評価基準:映画用】
★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。
★★★★  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。
★★★☆☆  まあまあ。お金を払って映画館で観ても悪くない。
★★☆☆☆  好き嫌いの分岐点。無理して映画館で観る必要なし。
☆☆☆☆  他の時間とお金の有意義な使い方を模索すべし。







ディレクター目線のざっくりストーリー

生まれた時に “たった37秒間” 呼吸が止まったため、手足を自由に動かせない脳性麻痺となった23歳の貴田ユマ(佳山明)は、親友の漫画家のゴーストライターとして働くが、自分の作品を世に出せない歯がゆさや寂しさで、毎日複雑な気持ちを抱いて暮らしていた。

また、シングルマザーでユマに対して過保護になってしまう母・恭子(神野三鈴)との閉ざされた生活にも息苦しさも感じていた。そこで自作の漫画を出版社に持ち込むが、女性編集長に「人生経験が少ない作家に、いい作品は描けない」と跳ね除けられ、その瞬間からユマの中で秘めていた何かが動き始める…※PG12指定

知人から「とんでもな映画があるから是非観るべき!」とメール…

知人から「とんでもな映画があるから是非観るべき!」とメールが入って、即劇場を探して観に行ったのが、2020年2月7日(土)から全国公開中の、この映画『37セカンズ』。「出来るだけ事前情報ゼロで観るべし!」ともあったから、公式サイトのストーリーも読まずに劇場へ。

お涙頂戴を徹底的に削除し赤裸々に"愛と性と生き様"を描く

うん、言われた通りの「とんでもない映画」だった。映像的には全ての事象に愛を感じる視点の丁寧な描写で、作品としてのインパクトは強烈で、障害者を描くドラマなのにお涙頂戴を徹底的に削除し、これでもかと言わんばかりに赤裸々に主人公を中心に全ての登場人物たちの “愛と性と生き様” を描いたと言っても過言ではない。その位に、とんでもなく良く出来た映画だ。

前半の「障害者の若い女性の性の問題」の描写も直球勝負!

前半は、今思うと生温い。いや、最初に観た時は衝撃的だった。障害者の若い女性の性の問題を、ここまでストレートに描くのか!と。そして、障害者の娘を溺愛する母親との確執も、そこらのサスペンスドラマなんか吹っ飛ばす位のリアルな演技と描写で見せて来る。「魅せる」なんて生易しいものでない、強烈な描写力で私の心に訴え掛けた。

ありのままの自分を受け入れる主人公の姿に心を打たれた!

これだけで、半ばノックダウンを食らいそうになったが、中盤からの展開には更に度肝を抜かれた。主人公が母親にとっての一人の娘から、一人の女性になるための自分探しの旅に出て、自分の手で掴み取った事実、そして、ありのままの自分を受け入れる主人公の姿に心を打たれた。

序盤から目が離せない演技とストーリー展開と映像の連続!

また、本作は “障害者の性” を一つのきっかけにして始まる主人公の人生は、理解者との出会いによって不思議な縁が次々と結ばれて紡がれていく、青春ロードムービーのような仕上がりにもなっている。

その意味で、ネタバレになるから書かないが、後味も余韻も実に爽やか。とにかく、序盤から目が離せない演技とストーリー展開と映像の連続だ。これを観ないのはもったいないと思う。

あとがき

「障害者」を、「身体障害・知的障害・精神障害(発達障害を含む)その他の心身の機能の障害があり、障害および社会との関わり方によって生活や仕事に制限を受けている人」とするならば、障害者で無い人は障害者とどう接して良いのか分からないことがあると思います。

それは決して差別ではなく、本当に分からないから、遠くから気遣うしか出来ないみたいな…。もちろん、個々の案件では「こうしたら良い」と言うお手本のようなものがあると思います。ただ、本作は障害を持つ人たちをどう見て、どう関わるべきかを、考えるきっかけをくれました。

この内容ならテレビのドキュメンタリー作品やドラマ化も可能だと思います。でも、映画と言うメディアだからこそ、劇場のスクリーンで大きく映し出させる主人公の生きる世界を観られた幸福感を味わえました。是非、近くの劇場で公開されているなら観て欲しい映画らしい映画です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
福祉は「性」とどう向き合うか:障害者・高齢者の恋愛・結婚
死ぬこと以外かすり傷
障がいのある人の性 支援ガイドブック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13831/


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR