映画「ワイルド・スピード ICE BREAK(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「ワイルド・スピード ICE BREAK(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『ワイルド・スピード ICE BREAK(2D・字幕版)』公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★(最高5つ星で4つ)。100点満点なら75点にします。
なお、過去の映画『ワイルド・スピードシリーズ』の7作品は鑑賞済み。

私の評価基準(映画用)

ざっくりストーリー

長い逃亡生活と史上最悪の敵との戦いを終えたドミニク・トレット(ドム)や愛するレティ(ミシェル・ロドリゲス)や仲間たちは固い絆で結ばれた “ファミリー” は、普通の日常生活を送っていた。しかし、ドムが謎の女サイバーテロリスト・サイファー(シャーリーズ・セロン)側に寝返ってしまう。

残されたレティたちはまさかのドムの裏切りにショックを受けながらも、ドムの奪還を狙うが、犯罪の超専門家で史上最強のドライバーである彼に、誰もかなうはずはなかった。また、ホブス(ドウェイン・ジョンソン)はドムの裏切りによる任務失敗の責任をとり刑務所送りに。

残された最終手段は、ファミリー最大の敵だったデッカート・ショウ(ジェイソン・ステイサム)と手を組むことだったが…

座長亡き "ワイルド・スピード劇団" の新たな幕開け

大人気カーアクションシリーズの第8弾『ワイルド・スピード ICE BREAK』。ポール・ウォーカーの突然の交通事故死と言う悲劇を乗り越えた前作は見事な仕上がりだった(感想)。そして、云わば “座長亡きワイルド・スピード劇団の新たな幕開け” となるのが本作。

ネタバレになるから詳細は書かないが、ブライアン(故ポール・ウォーカー)に思入れのあるシリーズファンには、かなり物足りないだろうし、オチも腑に落ちないかも知れない。しかし、本作の暴れん坊っぷりは前作を超えているし、ではこれが『ワイルド・スピード』で無いとしたら何なのか?

そう問えば、自分には『ワイルド・スピード』の第8弾と評するしかない。

ストーリーなんてどうでも良いって感じの怒涛の136分間

物語は、ドムが “ファミリー” を裏切ると言う破天荒なお話。もちろん、裏切りの理由はあるのだが、残されたファミリーたちはかつての宿敵と手を組んでまで信じるドムの奪還のために、シャーリーズ・セロン演じる天才ハッカーが仕掛ける最凶最悪のテロに立ち向かう。

急ごしらえの改造とブライアンが得意だった細工を施して始まるキューバの公道での炎のカーレースに始まり、NYではサイファーに街中の車がジャックされ、“ゾンビカー” が大挙して暴走し高層ビルの上にある駐車場から “雨” が降る。

そしてクライマックスは、氷上で装甲車とナント巨大潜水艦とのカーチェイス。潜水艦相手にカーチェイスと言うべきかどうかなんて考える暇があったら、素直に興奮した方が幸せになれる。もはや、ストーリーなんてどうでも良いって感じの怒涛の136分間だ。

初見でも、この3つを押さえれば"ワイ・スピ"は楽しめる

プロデューサーも務めるヴィン・ディーゼルが “最後の3部作を作ってこのシリーズにピリオドを打つ” と言った3部作の始まりとなる本作。作品を満喫するには過去の作品を見ているのに越したことは無いが、前述の通りに本作は “座長亡きワイルド・スピード劇団の新たな幕開け” だ。

カーチェイスの常識を超えたど迫力なカーアクション。出演者全員が主役クラスで、超個性的&魅力的なキャラクターたち。そして何よりも大切なのは家族と仲間の絆。これを押さえておけば初見でもワイ・スピは楽しめる。突っ込み所は満載だが、ド派手なアクションシーン満載のお祭り映画として、劇場で楽しむのが正解だ。

あとがき

“座長亡きワイルド・スピード劇団の新たな幕開け” となる本作。潜水艦相手にカーチェイスと言うべきか?なんて考える暇があったら、素直に興奮した方が幸せになれます。いつも通りに突っ込み所は満載ですが、ド派手なアクションシーン満載のお祭り映画として、劇場で楽しんで欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【Amazon.co.jp限定】ワイルド・スピード アイスブレイク(バンパーステッカー付き)
ワイルド・スピード [Blu-ray]
ワイルド・スピード SKY MISSION [Blu-ray]
ワイルド・スピード EURO MISSION [Blu-ray]
ワイルド・スピード MEGA MAX [Blu-ray]
ワイルド・スピードMAX [Blu-ray]
ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT [Blu-ray]
ワイルド・スピード×2 [Blu-ray]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9824/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/449450066.html でも受付けております。

スポンサーサイト

映画「バーニング・オーシャン(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「バーニング・オーシャン(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『バーニング・オーシャン(字幕版)』公式)を、劇場鑑賞。採点は、★★★(最高5つ星で3つ)。100点満点なら60点にします。

私の評価基準(映画用)

ざっくりストーリー

メキシコ湾沖90キロにある海底油田施設「ディープウォーター・ホライゾン」。石油会社の管理職ヴィドリン(ジョン・マルコヴィッチ)が工事の遅れを理由に掘削工事を迫ったことから、現場の反対を押し切って工事が強行され、掘削中の海底油田から逆流してきた天然ガスが引火爆発する。

「ディープウォーター・ホライゾン」はたちまち炎に包まれる。チーフ技師のマイク(マーク・ウォールバーグ)は、1人でも多くの作業員の命を救い、被害拡大を阻止しながら、自らも必死で脱出を試みる…

油田の大爆発、必死の脱出劇を見事な臨場感で魅せていく

2010年4月に実際にメキシコ湾沖で起きた原油流出事故を題材に、石油掘削施設内に取り残された作業員たちの脱出劇を描いたディザスター・ムービー。この大事故は、世界最大級の人災と呼ばれ、多数の死者・負傷者を出したことに加え、周辺の自然環境、社会生活、漁業、観光業に甚大な被害を与えたことで知られる。

主演のマーク・ウォールバーグと監督のピーター・バーグは、ネイビー・シールズ史上最大の悲劇といわれるレッド・ウィング作戦を描いた社会派映画『ローン・サバイバー』(感想)で組んでるし、本年6月公開予定の2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件の実録映画『パトリオット・デイ』でも組んでいる。

従って、この主演と監督のコンビは、実話ベースの社会派アクションが特徴と言うことだろう。本作も、海に浮かぶ海底油田施設で次々と起こる大爆発や、必死の脱出劇は、見事な臨場感と緊迫感で魅せていく。

事実を追うのに精一杯で、ドラマ性が見当たらない

ただ、上映時間107分の内、見応えがあるのは後半の59分間だけ。前半の48分間は観客は睡魔との必死の戦い。舞台が、海底油田掘削現場と言う一般的には殆ど知られていない場所での災害のために、どうしても説明パートが多く、更にその説明が実に分かり難い。

従って、観客は爆発の経緯が中途半端な理解のまま、大爆発で目が覚めることになる。要は、全体的に事実を追うのに精一杯で、ドラマ性と言うものが見当たらない。せめて、序盤で描かれた主人公の家族や、女性作業員とのその後の物語でも描かれれば良かったのに。人間ドラマとしての魅力に乏しいのは大変に残念だ。

「ナレーションの無い再現映画」のエンドロールの重さ

「ナレーションの無い再現映画」と言っては元も子もないが、エンドロールで、実際にこの大事故に遭遇した人々の裁判での動画やその後の写真、命を失った11名が写真で登場する。その事実の重さが強く心に残る作品ではある。安全より利益を優先させた結果の大惨事。二度と起こしてはいけない…

あとがき

前半48分間を我慢すれば、期待通りの実録ディザスター・ムービーが観られます。でも、海底油田掘削現場の説明は多いし分かり難い。全体も事実を追うのに精一杯で、人間の内面に迫るドラマ性に乏しいのが残念。「ディープウォーター・ホライゾン」を忠実に再現した巨大セットや、決死の脱出劇の約1時間にお金が払えるか?だと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
Deepwater Horizon [Blu-ray + DVD + Digital HD]
Deepwater Horizon Original Motion Picture Soundtrack
ローン・サバイバー Blu-ray
『パトリオット・デイ』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9815/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/449389378.html でも受付けております。


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR