[読書] 映画原作派のためのアダプテーション入門 (波戸岡 景太/著・彩流社) 感想

映画原作派のためのアダプテーション入門 :フィッツジェラルドからピンチョンまで
『映画原作派のためのアダプテーション入門 (波戸岡 景太/著・彩流社)』の感想。
採点は、★★★★(最高5つ星で、4つ)です。

【私の評価基準:書籍用】
★★★★★  傑作! 是非とも本棚に並べたい一冊。
★★★★  秀作! 私が太鼓判を押せる一冊。
★★★☆☆  まあまあ。お小遣いに余裕があれば買っても良いい。
★★☆☆☆  好き嫌いの分岐点。図書館で十分。
☆☆☆☆  他の時間とお金の有意義な使い方を模索すべし。





当blogは、原作と映像作品は基本的に比較しない

当blogでは、テレビドラマや映画の感想の際に、冒頭で「当blogは、原作と映像作品は基本的に比較しない立場です」と表記することがある。それは、原作物(小説や漫画やアニメ)と映画やドラマの熱烈なファンが、私の感想に対して、両者を混同してコメントされると返答に困るからだ。

小説の映画化から、原文と脚本を読み比べて解説

本書のタイトルにある「アダプテーション」とは、原作となる小説(本書では漫画やアニメには触れられていない)からを、映画用に脚色することを示す。

しかし、本書ではカナダの文芸評論家リンダ・ハッチオンの物語制作の方法論の中の「アダプテーション(適応)理論」をヒントにし、小説の映画化を考察し、小説と映画の表現の違いなどを小説の原文と映画の脚本を読み比べて解説してあるアダプテーション理論の入門書。

名作映画に於ける仕掛けや工夫を明快に解説

小説『グレート・ギャッツビー』とレッドフォード主演とディカプリオ主演の各映画版『華麗なるギャッピー』での小説と各映画版とのシーンの比較や、キューブリック監督が映画『シャイニング』で魅せた長編小説の芸術的な圧縮技法など、多数の名作映画に於ける仕掛けや工夫を明快に解説してある。

原作の小説と映画の関係性を少し掘り下げたい人向け

「ただの小説」は、他のメディアと関係をもった瞬間、たちまち何かの「原作」となってしまう

こんな序章で始まる本書。小説好きの人が読めば “映画の原作となった小説には、失うものと得るものがある” と言う視点で楽しめるし、映画好きな人が読めば “映画スタッフ側の意図や工夫” を見て取れる。原作となった小説と映画の関係性を少し掘り下げたい人向けの、読み易いが内容は濃い目な一冊だ。

あとがき

「これは原作を超えた」とか「やはり原作には勝てない」など言われますが、「原作となった小説」から「映画版」 への移行を、AからBへの単なる翻案(以前に誰かがした事柄の大筋を真似て、細かい点を造り変えること)と否定的に捉えずに、メディアの転換としてのクリエイティブな行為として考えるのは、未来があって面白かったです。


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
映画と本の意外な関係! (インターナショナル新書) 町山 智浩
これ、なんで劇場公開しなかったんですか?: スクリプトドクターが教える未公開映画の愉しみ方 三宅 隆太
「最前線の映画」を読む (インターナショナル新書) 町山 智浩
アダプテーションとは何か 岩田 和男

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11478/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

スポンサーサイト

[[読書] 映画原作派のためのアダプテーション入門 (波戸岡 景太/著・彩流社) 感想]の続きを読む

[読書] 正義のセ [第1~4巻] (阿川 佐和子/著・角川書店) 感想

[読書] 正義のセ [第1~4巻] (阿川 佐和子/著・角川書店) 感想

©日本テレビ

正義のセ1-4巻セット(角川文庫)
『正義のセ [第1~4巻] (阿川 佐和子/著・角川書店)』の感想。
採点は、★★★★(最高5つ星で、4つ)です。

【私の評価基準:書籍用】
★★★★★  傑作! 是非とも本棚に並べたい一冊。
★★★★  秀作! 私が太鼓判を押せる一冊。
★★★☆☆  まあまあ。お小遣いに余裕があれば買っても良いい。
★★☆☆☆  好き嫌いの分岐点。図書館で十分。
☆☆☆☆  他の時間とお金の有意義な使い方を模索すべし。





2018年4月から吉高由里子さんで実写ドラマ化

2018年4月11日から日本テレビ系にて、吉高由里子さん主演で実写連続ドラマ化される『正義のセ』未の原作と言うことで、現在発行させている全4巻を読了。

内容は、小学生5年生の時のある事件を発端に、持ち前の正義感を活かすために検事になった、下町の豆腐屋育ちの主人公・凛々子が、新人女性検事として家族や同僚たちの協力を得ながら、不器用だが真っ直ぐに事件に取り組みながら、泣いたり笑ったり、奮闘の末に決断したりと、検事としても女性としても成長していく物語だ。

"聞き上手" の著者が "被疑者の声を聞く検事" を描く面白さ

まず、注目は著者がインタビュアーとしての才能をお持ちの、所謂 “聞き上手” である阿川佐和子であると言う点だ。聞き上手である著者が “被疑者の声を聞く検事” を主人公にした小説を書いたことだ。お蔭で、被疑者だけでなく周囲の人たちの声を上手に聞いて、自分自身に反映させる主人公に仕上がった。

お蔭で小説なのに台詞が実に生き生きとしており、主人公はもちろんのこと、登場人物の中に好感が持てる人がたくさん登場するのも、読んでいて楽しかった。

著者らしい主人公の実家 "豆腐屋" の巧みな表現が楽しい

正義感が強くて融通が利かない下町の豆腐屋の娘が、検事として成長していく物語なのだが、持ち前の正義感で事件にぶつかっては行くものの、当然思い通りには進まず葛藤する。とにかく、分かり易くて馴染みやすいキャラクターが主人公。でも、これだけでは物足りない。どこにでもあるようなお仕事物語で終わってしまう。

本作が上手いのは、主人公の実家の豆腐屋を巧みに絡めているところだ。もちろん豆腐屋を営む家族たちのほんわかした空気感に読者も癒されるのだが、これがただの職場と実家と言う単純な対比構造で終わらないのが面白いところ。これ以上はネタバレになるから書かないが、豆腐屋の描写を含めて、著者らしさが溢れた表現で楽しかった。

あとがき

4巻を一度に読みましたが、全体的にはテンポが良くて楽しく読めました。ただ、一番面白いのは、小学時代が描かれる第1巻です。第2巻以降も恋や友情などが描かれて、話が膨らんで楽しいですが、成長物語としては断然 “成長の幅が大きい” 第1巻がおススメです。まっ、1巻から順に読むのが良いのは当然ですが…

では、連ドラの原作としてはどうか? 日テレ「水曜ドラマ」枠らしいお仕事ドラマになるとは思いますが、ドラマの主人公としては個性が足りません。職業こそ違えど似たり寄ったりになる可能性はあります。小説に物足りない痛快さと、小説のちょっと古めかしい表現を上手く料理したら面白くなりそうです。


       

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
正義のセ1-4巻セット(角川文庫)
正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い! (角川文庫)
正義のセ 2 史上最低の三十歳! (角川文庫)
正義のセ 3 名誉挽回の大勝負! (角川文庫)
正義のセ 4 負けっぱなしで終わるもんか! (角川文庫)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11226/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

[[読書] 正義のセ [第1~4巻] (阿川 佐和子/著・角川書店) 感想]の続きを読む


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR