dele/ディーリー (第4話・2018/8/17) 感想

dele/ディーリー

テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『dele/ディーリー』公式
第4話の感想。
なお、原案の本多孝好「dele ディーリー」は未読。


圭司(山田孝之)が依頼人の30代男性・日暮のファイルを消去せずに開くと言い、祐太郎(菅田将暉)は驚く。そこには、子どもが描いたような10枚ほどの色鉛筆画が。病死した日暮は25年前、‘天才超能力少年’として注目された人物。霊視で失踪者を見つけ出すテレビ番組は高視聴率を記録し、彼は圭司の憧れのヒーローだった。圭司たちは、日暮がメディアから消える前に出た最後の番組で、母親捜しを依頼した美香を訪ねる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原案:本多孝好「dele ディーリー」>
脚本:本多孝好(過去作/ストレイヤーズ・クロニクル) 第1
   金城一紀(過去作/『BORDER』シリーズ)
   瀧本智行(過去作/グラスホッパー) 4
   青島武(過去作/あなたへ) 第3
   徳永富彦(過去作/『相棒』シリーズ)
   渡辺雄介(過去作/進撃の巨人) 第2
演出:常廣丈太(過去作/BG~身辺警護人~) 第1,2
   瀧本智行(過去作/グラスホッパー) 第3,4
音楽:岩崎太整、DJ MITSU THE BEATS

今回は、本作の醍醐味がギュッと詰まった秀作!

本作は、6人の脚本家と2人の演出家による、謂わば登場人物は同じで、物語はオムニバス形式のようなスタイルになっている。従って、毎回異なったテイストの作品が楽しめるのが特徴であるが、この第4話は、正にその醍醐味を魅せてくれたと言いたい。

いつもは動かぬ圭司の衝動で、物語が動き出たのが新鮮!

本作の見所は、何と言っても人間的に分かり易くて行動力のある祐太郎と、人間的に分かり難く自ら行動することのない圭司の全く違った性質のコンビだが、今回は圭司が自ら外に出て案件を祐太郎と一緒に解決したいと言う衝動で物語が動き出した。もう、それだけでもこれまでの3話とは違ってワクワクする。

その上、内容は昭和テイストを感じさせる「超能力少年の悲しき生き様」のお話。真夏にピッタリなミステリー要素もあり、本作らしい人情噺の雰囲気もあり、本当に面白かった。

あとがき

複数の脚本家が手掛けているのに、主人公の2人だけでなく、レギュラーの登場人物の設定等も一切ブレないだけでもスゴイのに、本作に関わる全てのクリエーターたちが互いに触発されて、良いものを作ろうとしているように見えます。次回にも、大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
dele ディーリー


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11742/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

スポンサーサイト

半分、青い。 (第120回・8/18) 感想

連続テレビ小説「半分、青い。」

NHK総合・連続テレビ小説『半分、青い。』公式
第20週『始めたい!』の 『第120回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


仙吉(中村雅俊)が花野(山崎莉里那)に伝えた店の名前はなんだったのか。鈴愛(永野芽郁)たちはあの手この手で聞き出そうとするが、花野はなかなか話さない。晴(松雪泰子)は、仙吉が店名を書き残していないかと家の中を探し回るも、ヒントになるものは見つからない。皆が打開策を見つけられない中、鈴愛は花野から店名を聞きだすための、とある妙案を思いつく。いさんで律の家に電話をすると、電話口に出たのは…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「2号店」の名称に興味を持ってる視聴者っているの?

「2号店」の名前がどうであるかになんて、どれだけの視聴者が興味を持って本作を見ているのだろう。それなのに、劇中の呑気な世界では、「第1希望」がどうのこうので、脚本家が告知した「神週」の最終日が終わろうとしている。

この脚本家と私の感覚の違いは、もはや第120回になっても埋まらないとすれば、残り36回でも無理なのは明らかだ。

子どもを物で釣って秘密を聞き出すくだりもなぁ…

さて、主題歌明け。今週になって本家の「つくし食堂」が繁盛している場面は描かれず、いつも休業日なのか休み時間だか分からぬ描写ばかり。その上、主題歌明けは、子どもを物で釣って秘密を聞き出すくだり。

普通なら微笑ましい場面だが、そもそも「2号店」の名称なんぞに興味が無い私としては、ただただあざとい大人たちが描かれただけ。それだけでない、花野が見る度にこまっしゃくれた娘にしか見えず、ここさえもう少しマシなら…と思うのだが。

この場に及んで、まだ鈴愛ネタで後出しジャンケンをするか!

6分頃、珍しく楡野家(1人部外者がいるが)が2号店の計画について話す場面があった。こう言うのをもっと入れるべきだったのだが、逆に脚本がやるべきことをまともにやる時はろくなことが無いし、何か企んでいるに違いない。

そう思って見ていたら、やはり…。また娘の片耳失聴を異常に心配する晴の過保護のくだりと、鈴愛が「うちも結構 手伝っとる」と言い出して、鈴愛は聞こえてるふりで37年間生きていたと。

こういう後出しジャンケンみたいな脚本って本当にうんざり。この脚本家は、これで辻褄合わせをしたつもりかも知れないが、「語るに落ちる」とは正にこれのことなのに…

仙吉への鈴愛の思いが描かれてないから、何をやってもダメ

仙吉が残してくれた「五平餅ノート」のくだりも、鈴愛が抱きしめて「はい、感動して」と言わんばかりのシーンにこさえてあったが、ちゃんちゃらおかしい。

そもそも鈴愛は、他人に使われたくないから社長になると言って、仕事を探し、その結果が手っ取り早い実家であるつくし食堂の2号店であった訳で、更にそこで売るモノも手っ取り早くそこにあった五平餅を選択しただけ。脚本家はそうじゃないと否定するかも知れないが、映像的にはそのようにしか映っていないし見えていない。

その中でも特に致命的なのは、鈴愛の仙吉への思いが描かれていないこと。ただ、2号店の目玉商品の特訓の先生って程度の扱い。それは前回の葬儀の描写からも鈴愛が仙吉をリスペクト指定無いことは明らかだ。それなのに、今回は仙吉が残してくれた「五平餅ノート」を描いた。

これも、飽くまで「仙吉から鈴愛への思いが詰まったもの」であり、逆方向は示さない。だから、鈴愛が抱きしめようと、「なるほど」「技に溺れるところやった」と読んでも、私には「合格と言われたのに、今さらレシピ?」としか映らなかった。

まっ、先日自分のための2号店計画の際に、宇太郎と一緒にあくびをしていたから、特訓と言ってもその程度か…ってことなのだが。

今回も、楡野家は誰も花野の面倒は見ていない…

それにしても、晴が転んで、鈴愛がノートを読んで、草太の携帯電話が見つかって…と、どれだけの時間が経過したのか分からないが、花野は鈴愛の横に居ない。そう、子育てしていないのだ。本作はいつもそう。前回なんか正にそう。誰も花野に目を配らない。それを証明するように夕方に花野が1人で店に帰って来た。

で、結局、晴は孫の面倒を病人の和子に任せてたってこと。店が大忙しでと言う訳でも無いのに。そして、母親である鈴愛は娘を放置して “思い付き” だって。もはや、失笑と苦笑しかない…

あとがき

予告編を見ても、1ミリも期待を持てない本作。そんな本作もあと6週間しかない。既に脱稿しているとは言え、演出でナレーションだけでも追加録音することは可能なはず。こうなったら、奥の手と言うか最後の手で、鈴愛の性格を “ポエムな語り” で、ガラリと修正しちゃった方が良い。

恐らく、それ位しか、本作を普通レベルにする方法は無いから。だって、今月中にはクランクアップもしちゃうだろうしね。

最後に。前回の感想に 134回もの Web拍手や数々のコメントを頂き、ありがとうございます。主人公にすら興味が無いのに、2号店の名称なんてどうでも良いこと。それを15分使っても結果を描かず週跨ぎって? 流石にネタ切れが目に余ります。この土日は仕事と家事とで多忙につき、金曜日のドラマの感想やコメントの返信などは大幅に遅れます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
朝ドラの55年 全93作品完全保存版 (教養・文化シリーズ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/11741/

[半分、青い。 (第120回・8/18) 感想]の続きを読む


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR