なつぞら (第147回・2019/9/18) 感想

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第25週『なつよ、千遥よ、咲太郎よ』の 『第147回』の感想。


 本作は、2019/8/20 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


千遥(清原果耶)が働く神楽坂の料理屋に、咲太郎(岡田将生)たちとともに訪れたなつ(広瀬すず)は、去り際に千遥にとある手紙を渡す。その手紙を見た千遥は思わず涙するのだった。次の日曜日「大草原の少女ソラ」を見ている柴田家や千遥たち。アニメの中で牛の乳搾りをしているのを見て、千夏(粟野咲莉)は乳搾りがしたいと言う。時を同じくして、坂場家でも、アニメを見ていた優(増田光桜)が乳搾りをしたいと言い…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

なつは天丼を作る"動作"に咲太郎は天丼の"味"に反応したが

現在の劇中は昭和47年(1974)で、私もバリバリの小学生だったから、しっかりと記憶しているが、当時はお値打ち価格で天丼を提供する「天丼てんや」なんて存在せず、天丼は一般的には蕎麦屋や和食屋でそこそこ高価な食べ物で、店で食べるより家で作って食べるのが一般的だった時代と記憶している。

だから、昭和12年(1937)生まれの なつ(広瀬すず)にとっても、相当高級な食べ物だったはず。なのに、懐かしい "味" に気付いて盛り上がったのが咲太郎(岡田将生)だけで、なつは味でなく母親の "動作" と千遥(清原果耶)を重ねた。

うん、何となく感動的に盛り上げようと必死なのは伝わる。でも、なつが味すら忘れているような「遠い昔のお話」で、千遥はなぜ自分の母(戸田菜穂)の動きと一緒なのだろう? なつより4歳も年下の千遥が、両親の天丼の味と、作る動作をずっと見て記憶していたってこと? 両親の手伝いをしていて覚えてしまったってこと?

じゃあ、手伝っていたのは千遥だけ? なつはその時に何をしていたの? もう、こんな疑問しか湧いて来ない。それに、突然に登場した「天丼」も意味不明。

幼少期のなつと千遥が両親の手伝いをする1カットでもあれば

こんなことだったら、後出しじゃんけんでも構わないから、幼少期の なつと千遥が料理をしている両親の姿に見入っているカットや楽しそうに手伝いをしているカットをインサートして、天丼の "味" なんか使わずに、千遥が料理の支度をした最初の白和えを盛り付ける "動作" やおたまで味見をする "動作" で、なつが "ピン" と来たら良かったのだ。

だって、なつは有名な作画監督なのだから。そう言うのって不自然でないでしょ? 写真家だから店内に飾ってある写真につい目が行っちゃうみたいな、そんなつもりで見ているつもりは無いけれど、職業柄でつい気になっちゃう…みたいのって。それで済ませておけば良かったと思う。

そして、なつが開口一番に「千遥とは 良くお父さんとお母さんの料理の手伝いをしたもんね」で、明るい千遥のアップで終われたのだ。あとは、咲太郎(岡田将生)の演説会でも好きやったら良かった…

期待する若手女優さんに、朝ドラ・ヒロインはやって欲しくない!

主題歌明けも、「清原果耶劇場」が続く。「広瀬すず劇場」より、遥かに見応えがあるのは認める。ただ、ここで私の中で1つの思いが固まった。それは、「私が将来有望だと期待する若手女優さんには、朝ドラのヒロイン役は絶対にやって欲しくない」ってこと。雑な脚本と演出で、妙なイメージが付いたり、変な役の印象が付くから。

"料理をしないなつ"だからこそ"動作"に反応するのは正解!

さて、中一日ぶりに、アニメ製作現場が描かれた。前回と今回で、なつの父(内村光良)が回想シーンとは言え、実像で見てしまったから、平然と「語り」をやっているのが不自然に思えてしまった。

まっ、そんなことはどうでも良い。この脚本家が如何に駄作を作っているのかが分かるのが、外注先に委託した「目玉焼き」が美味しく見えないから書き直せと言う坂場(中川大志)。書き直しばかりでは納期が守れない…と反対する社長の麻子(貫地谷しほり)。そこに、割り込んで演説する なつの台詞。

なつ「開拓者にとって やっと手に入れた鶏が
   初めて産んだ卵なんです。
   ソラとレイも どれほど
   この卵を楽しみにまっていたことか。
   それを お母さんが料理するところを見る
   そこは 大事なとこだと思うんです」

言っちゃ悪いが、第147回、1回足りとも見逃してはいないが、これまでに、なつが天丼も目玉焼きも作ったのを見たことないのだが。だから、前述の通りに、料理をする "動作" に なつが速攻反応すべきだったのだ。

あの料理屋「杉の子」での夕食会で、咲太郎より真っ先に千遥と母の "動作" を重ねて声を上げていたら、この麻子への なつの抗議がリアリティーを持ったのに。結局、前後のエピソードの繋がりを考えないで脚本を書くから、素人でも気付く、勿体ない描写ばかりになるのだ。

目玉焼きでなく牛乳入りのふわふわ卵焼きの方が適役では?

で、8分過ぎから、前回は天丼で15分引っ張ったのに続いて、今回は「目玉焼き」。そもそも料理をしない(出来ない)なつが、美味しそうな目玉焼きを描こうと言う展開自体が無理矢理過ぎるのだが。とは言え、料理をテレビアニメで表現するに当たって、"匂い" を利用すると言うのは悪くない。

悪くないが、個人的な感覚で言うと、匂いを感じ易いのは「目玉焼き」でなく「卵焼き」のような。それに、「卵焼き」に「牛乳」を加えるとフワフワになるし、香りも強くなる。これも、前述の後のエピソードの繋がりを考えないで脚本で勿体ない描写になった例だ。

なつの得意料理を"搾りたての牛乳入りの卵焼き"にしてたら

だって、最初から、「目玉焼き」を「卵焼き」にしておけば、そして、なつの得意料理を十勝の柴田牧場で教わった「搾りたての牛乳入りの卵焼き」と言う設定を仕込んでおき、板場と優の生活の中でも、なつが得意料理の「搾りたての牛乳入りの卵焼き」を振る舞うシーンも入れておき…

今回で例えば、神地(染谷将太)が「卵焼き」を作る時に、なつが「牛乳を入れると もっと香りがする」とか言ったって良いし、もっとやるなら、なつが「目玉焼きより 卵焼きの方が北海道らしい」と演説しても良い。どうせ、本作に辻褄合わせや連続性は無いのだ。

だから、どうせ無理矢理なエピソードを割り込ませるなら、前段のネタフリ無しにやった方が良かったと思う。そう言う北海道の開拓者の心を描くのが『なつぞら』だし『大草原の少女ソラ』なのだから。

前回の食事会とアニメ製作を「卵焼き」括りの1話で良かった

そんなことを思っていたら、11分過ぎに千遥が「卵焼き」を作るシーンが出た。だったら、最初から「天丼」でなく「卵焼き」で良かったような。そして、前回の食事会とアニメ製作を「卵焼き」括りにして、1話15分。この方が、しっくり来たような気がする。

あとがき

もう、気になると、あちこち気になります。清原果耶さんの演技は確かに上手いですが、料理屋の女将として客前に立っている時が暗過ぎて。終盤で千遥の義母・杉山雅子(浅茅陽子)と話す時の千遥は、静かでどこか暗いところがある女性で良いですが、客前とは切り替える演技指導をした方が良かったような気がしました。

それと、ここ最近気になっていたのが、『大草原の少女ソラ』を見終えた直後に、なつや坂場が「どうだった?」と娘の優(増田光桜)に聞く場面。「聞いて、どうなると言うの?」と言うのもあるし、あの年頃の子どもなら、毎回感想を聞かれるたら、アニメを嫌いになりそうって。優の笑顔で娘の感想を察すると言う控えめな描写の方がしっくり来ると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
『なつぞら』ヒロインモデル・奥山玲子の児童書が39年ぶりに復刊「新装版 おかしえんのごろんたん」
NHK連続テレビ小説「なつぞら」オリジナル・サウンドトラック【BEST盤】


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13262/

スポンサーサイト



[なつぞら (第147回・2019/9/18) 感想]の続きを読む

TWO WEEKS (第10話/最終回・2019/9/17) 感想

TWO WEEKS

関西テレビ制作・フジテレビ系・『TWO WEEKS』公式
第10話/最終回『2週間最後の日…父と娘の約束』の感想。
なお、原作の、「TWO WEEKS」(韓国ドラマ)は未見。



結城(三浦春馬)と早穂子(黒木瞳)の密会写真がリークされ、窮地に陥った早穂子は楓(芳根京子)にわなにはめられたとうそをつき、難を逃れようとしていた。そんな中、柴崎(高嶋政伸)の計画によりすみれ(比嘉愛未)がさらわれ、灰谷(磯村勇斗)の指示通りに奔走する結城は、柴崎が病院からはな(稲垣来泉)を連れ出したと知る。そして柴崎は、すみれの命とはなの命のどちらかを選ぶよう告げる。その頃、結城の機転によりすみれが拉致されたことを知った有馬(三浦貴大)が行方を探る一方で、楓は早穂子の秘密に迫っていく。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:「TWO WEEKS」(韓国ドラマ)
脚本:山浦雅大(過去作/Missデビル、家政夫のミタゾノ) 第1,2,3,4,5,6
   高山直也(過去作/アゲイン!!、死の臓器、ザンビ) 第7,8,9,最終
演出:本橋圭太(過去作/緊急取調室1,2,3) 第1,2,5,7,9最終
   木内健人(過去作/戦う!書店ガール) 第3,4,6,8
音楽:村秀彬(過去作/私のおじさん~WATAOJI~、絶対正義)
主題歌:三浦春馬 「Fight for your heart」(A-Sketch)
オープニングテーマ:04 Limited Sazabys 「Montage」(日本コロムビア)

本作を見て良かったこと…

本作を見て良かったこと。それは、三浦春馬と言う俳優の存在感と演技力は、十分に連ドラの主役を演じる価値があると言うことと、歌とダンスのセンスの良さ。もう1つは、はなを演じた子役の稲垣来泉さんの演技を見られたこと。あと、オープニング曲と主題歌が良かった。それくらい…

最終回を見終えても、もやもやしか残らなかった…

あとは、正直最終回を見終えても、もやもやしか残らなかった。結局、柴崎(高嶋政伸)は何をしたかったのか? そこが最大の疑問。最終回になって、自ら病院に忍び込んで、はなを誘拐して結城(三浦春馬)をおびき出すなんて無駄なことするなら、最初から自分で結城を探して殺せば良いし。

そもそも、早穂子(黒木瞳)との裏取引の証拠動画の入ったデジカメを結城から奪い取るのが目的だったのに、早穂子に裏切られた腹いせに結城を殺そうと言う展開が意味不明。

意味不明と言えば、自分の命を賭けても娘のはなを救いたいなら、公園の土管の中にでも2週間ひっそりと隠れていれば良い訳で、あちこち危険を冒しに動き回る必要もない。柴崎灰谷(磯村勇斗)が親子だったなんて言うのも、完全な後出しじゃんけんだし。

結城がじっとしていない理由と柴崎が結城を殺す理由が…

そりゃあ、主人公が娘を助けるために、自分を探す悪党から逃れるために、公園の土管の中に2週間じっと隠れてました…では、全10話の連ドラが出来ないことは十分承知。だからこそ、もっと、結城があちこち動き回らざるを得ない絶対的な理由が必要だったし、柴崎が結城を殺す明確な理由が欲しかった。

それをせずに、見た目の面白さや衝撃性を重視して、あれこれ演出で煽ったところで、逆に、結城とはなのファンタージーなシーンでメリハリをつけたところで、やはりストーリーそのものが弱過ぎる。映像作品と言うお手本があるのに、この仕上がりはどうかと思ってしまった…

あとがき

本当、三浦春馬と役の稲垣来泉さんで最終回まで引っ張った…そんな感じの最終回でした。関テレ制作の火曜9時枠は時々「名作」があるので、楽しみにしていますが、今作については、もっとストーリーと登場人物の設定を十分に精査すべきだったと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【Amazon.co.jp限定】TWO WEEKS DVD-BOX(ブロマイド付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13261/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR