ひよっこ (第146回・9/19) 感想

連続テレビ小説「ひよっこ」

NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』公式
第25週『大好き』 『第146回』の感想。


 本作は、9/4 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


世津子(菅野美穂)はみね子(有村架純)に、実(沢村一樹)と一緒に暮らしていた時間は、自分の中だけにしまっておきたいと、正直な気持ちを伝える。それを聞いたみね子は、複雑な心境になる。谷田部家では、実が花の栽培について熱心に勉強していた。美代子(木村佳乃)をそばに呼ぶと「東京での出来事を話しておきたい」と言う。しかし「女心がわかってない」と、美代子は口をとがらせる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

お節介な小娘だが、恋愛経験のある二十歳の女だから…

冒頭のみね子の部屋での、みね子と世津子の会話なのだが。世津子は、実の記憶が戻れば雨男時代の記憶は忘れるから、「不適切な関係」の2年半は自分のものになると言った。まあ、世津子の “女心” としては分からなくもないが、「絶対に誰にも言わない」と決めた状態で、これを小娘のみね子に言うのは、あまりに酷なような。

みね子も「だから何?」と口をもごもごしているだけだったが、実はこれもおかしい。だって、みね子も島谷と交際した期間があり、みね子なりの “女心” があるはずだから、ここでの表情は少しだけ世津子の気持ちも分かる風な演技指導による演技が適切では無かったろうか。お節介な小娘だが、一応恋愛経験のある二十歳の女だから…

"実を演じている雨男" の複雑な心境を表現するなら…

舞台は、奥茨城の谷田部家の夜。毎度で恐縮だが、月夜に照らされた谷田部家の全景カットが欲しかった場面だ。暗闇の畑も欲しかった。それがあってこそ、実の花栽培の話が現実味を帯びて見えるはずだし、何より “実を演じている雨男” の複雑な心境を表現したいから、客観的なカットが欲しかった。まっ、演出家がそう思わなければ仕方がないが。

超久し振りのちょっぴりコミカルで幸せなシーン

「優しくて、誠実で、真面目で、相手の事をいつも考える」と言う実の人格の根本的な部分は、雨男の時でも残っているらしい。その雨男が、世津子との2年半の「不適切な関係」について話そうとすると、美代子は “女心” を理由にこんな↓ことを言う。雨男に美代子が “女心” を説明する際に「はぁ」と言う意味は分からぬが。

美代子「知りたぐないです 私 実さんの東京でのこど。
    だから 言わないで下さい」

このシーンでの “女心” を理由に美代子が真実を知りたくないのは頷ける。だから、“実を演じている雨男” が素直で可愛い美代子に “改めて惚れる” のも流れとしては悪くない。ちょっぴりコミカルで幸せなシーン。本作では、何週間、いや何か月ぶりだろうか。

美代子と実の心情を “騒動” を利用せずに、ある普通の一夜の出来事として、丁寧に紡いでいると言えるし、こう言う部分こそが本来の脚本の岡田恵和氏がお得意とする表現。このシーンに限っては「出来ている」と言って良いだろう。

きよと君子と茂の登場で "女心と男心の違い" を表現

そして翌朝の谷田部家。今度は青空の情景カットが入った。本当に不思議な編集のセンスだ。しかし、美代子の惚気(のろけ)話にはしゃぐ君子ときよの会話劇も、つまらない女子会に見えないし、姦(かしま)しい女性たちの話を聞いている実と茂も、きちんと “女心と男心の違い” を表現しており悪くない。

バー月時計での「女子会」と、これ程までに面白さが違うことに違和感を覚えるくらいだが、ここで大きな疑問、違和感、不整合性に気付く。

世津子の「絶対に話すつもりはない」は、釣り合わない

美代子は“女心” を理由に「今は聞きたくない」と言った。これは、前述の通りで何の問題点も無い。問題は、世津子が “女心” を理由に「絶対に話すつもりはない」と言ったことだ。このオトナの女性の “女心” の対比をおかしいと思わないだろうか。

私なら、この場面で世津子に「絶対に話すつもりはない」ではなく、「みね子ちゃんもいつかは分かるだろうから、今は話すつもりはない」が正解ではないだろうか?これは、岡田恵和氏らしからぬ “間違い” と言わざるを得ない。

ヒロインが今、"どう思い考えているのか" を描くべき

そして更に、前述の「大きな疑問、違和感、不整合性」の部分に話を進める。美代子の「今は聞きたくない」の時は、直後に君子ときよが美代子と実の心情をフォローするシーンがきちんと作ってあった。しかし、世津子の「絶対に話すつもりはない」には、世津子とみね子をフォローするシーンが無い。

これも脚本の大きな “間違い” と言わざるを得ない。世津子の気持ちは放っておいても良いが、ヒロインであるみね子の複雑な心情をフォローするシーンは絶対に必要。だってヒロインなのだから。ヒロインが今どう思い考えているのかを描くことこそ、『ひよっこ』がやるべきことだから。

邦子が "世津子のオトナの女心" をみね子に指南すれば良い

この場合は、バー月時計の邦子が最適だ。富さんでも悪くないが、あくまできちんとした “恋愛経験のあるオトナの女性” でみね子が信頼を置ける人物である必要があるから、由香と中華店の安江は論外。早苗と愛子は少々論外、本当は時子が適任なのだが、恋バナについては描かれていないから対象外。

従って、みね子と年齢的にも立場的にも遠からず近からずの邦子が、世津子の “オトナの女心” を月時計の閉店後にバーカウンターに並んで、サシ飲みしながらみね子に指南する、なんて言うのが良かったのでは?このシーンを今回に挟めば、久し振りに「岡田恵和氏らしい人情ドラマ」に仕上がったと思う…

あとがき

やはり、8月頃からの岡田恵和さんの脚本は、おかしいと思います。岡田さんって、こう言う心情の対比とか、他の登場人物を使ってその人の情感を描くのが上手なのに、それが中途半端で終わって、悉く失敗しています。やはり、ご本人の体調不良や、恐ろしい強大な大人の事情に巻き込まれたか?

その意味では心配ですが、結果的にほぼ物語が破綻しかけているのも事実。完全に実の記憶喪失と2年半の失踪が足を引っ張っていて、どうしようもない雰囲気。これからどうなるんでしょう?

最後に。前回の感想に、85回ものWeb拍手とたくさんのコメントを頂き、ありがとうございます。

私は、みね子と邦子の会話があり、その比較対象と言う意味で、美代子が夫婦のことを君子ときよに話したくだりは一定の評価をしましたが、人によっては嫌なシーンに映ったかもしれませんね。それが脚本の大きな “間違い” と言うことです。さて、誰かのフォローがあるでしょうか…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     
   
   
     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
有村架純主演 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ全3巻セット(先着300名様にひよっこメモリアルブックプレゼント!)【NHKスクエア限定セット】
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ BOX1(全巻購入特典:「すずふり亭」看板 [A5サイズ・ブリキ風]引換シリアルコード付) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ BOX2(全巻購入特典:「すずふり亭」看板 [A5サイズ・ブリキ風]引換シリアルコード付) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 DVD BOX1(全巻購入特典:「すずふり亭」看板 [A5サイズ・ブリキ風]引換シリアルコード付)
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 DVD BOX2(全巻購入特典:「すずふり亭」看板 [A5サイズ・ブリキ風]引換シリアルコード付)
【Amazon.co.jp限定】連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 DVD BOX3(全巻購入特典:「すずふり亭」看板 [A5サイズ・ブリキ風]引換シリアルコード付)
連続テレビ小説 ひよっこ ファンブック (洋泉社MOOK)
ひよっこ メモリアルブック (ステラMOOK)
1964年の有村架純 NHK連続テレビ小説「ひよっこ」愛蔵版フォトブック (新書企画室単行本)
連続テレビ小説「ひよっこ」 オリジナル・サウンドトラック
連続テレビ小説「ひよっこ」オリジナル・サウンドトラック2
がらくた (初回生産限定盤A)
がらくた (通常盤) 桑田佳祐


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10459/

スポンサーサイト

[ひよっこ (第146回・9/19) 感想]の続きを読む

コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON (第10話/最終回/30分拡大・2017/9/18) 感想

コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON

フジテレビ系・月9『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』公式
第10話/最終回/30分拡大『暗闇の先にあるもの』の感想。
なお、過去の2008年放送の『1st SEASON(便宜上こう呼ぶ)』、2009年放送の『新春スペシャル』、2010年放送の『2nd SEASON』はすべて鑑賞済み



藍沢(山下智久)ら救命チームは総出で、崩落事故が発生した開通前の地下鉄構内に向かう。構内は開通記念イベントの最中で、大勢のけが人が出ていた。白石(新垣結衣)の指示で各人が懸命の治療に当たる。緋山(戸田恵梨香)らが診た頭部外傷の妊婦は、救命は難しいが、おなかの赤ちゃんは救えそうだ。一方、崩落現場に入り治療中の藍沢は、肩に落ちる水滴に気付く。直後、再崩落が発生。藍沢や藤川(浅利陽介)らの頭上に大量の土砂が…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

まえがき

今回は、『1』と『2』の熱烈なファンとして、『3』の最終回の感想を書くことにする。従って、『1』と『2』に思い入れのない読者さんは、その上で読んで欲しいです。もちろん、「面白くないなら見なければ良い」なんて意見は一切受け入れないし、反応もしませんので。

無駄と矛盾だらけの最終回だった

30分も拡大はしたものの、これまでの9話分と同様に、「ドクターヘリ」があっても無くても良さそうなエピソードであり、どうでも良い恋バナを描いた、無駄と矛盾だらけの最終回だったと言わざるを得ない。

また、“奇跡の5人の再結集” と言う私を含めた往年のファンのお祭り騒ぎで始まった『3』だが、終わってみれば、“7年間の5人の成長物語” を特別に描く訳でもなく、ただそこらにある “新人医師と先輩医師のやり取りの医療ドラマ” と言うだけの作品。もはや、「シリーズ作品」である必然性も乏しい状態だった。

「慣れ合いが最高」と言うお話で終わったのが残念

特に、腹立だしかったのは、“人生は、似たような同僚と慣れ合うのが幸せ” と思わざるを得ない帰着点。それでなくても、終盤までに以下の3つが描かれ、ウンザリしたのに…

  ●まともな医師に出会うかどうかの運命と言うお話
  ●人生は、まともな上司の下につくかどうかで運命が決まるお話
  ●どんな職場、環境でも婚活は重要ってお話

確かに、全面的に間違っているとは言わない。しかし、『3』の最終回で上記の3つを描こうとするのは無理があり過ぎる。とにかく、極論的に言えば「慣れ合いが最高」と言うお話で終わったのが残念で仕方がない。

そこで今回は、あちこちツッコミと不満の連続のため、全部挙げるとキリがないから、放送順に気になった部分を、見ながら書いた下書きメモを基にリライトしてみる。

"視聴者を煽っては裏切る作戦" が静かに忍び寄る

まず冒頭。ドラマ的には、ナレーションと子どもの泣き声を際立たようとしたいのは理解するが、音声の演出(音量調整)が雑過ぎて、リアルな事故現場である雰囲気が薄まってしまった。どうしてもっと、レスキュー隊たちの音声をバランスよくミックスしないのか?『1』と『2』では普通にやっていたのに。

また、旗が風ではためくカットも違和感。先にヘリを見せていないから、ただ「現場は強風なんのだ」と最初は見えてしまった。その直後にヘリが飛んでいるカットを直結したため、視聴者にはヘリが墜落するイメージさえも生み出してしまう。ヘリの事故が本作で最も描いてはいけないシーンであることは、以前にも述べた通りだ。

それにしてもどうして、視聴者を無意味に不安にさせる編集をするのか?普通に今まで通り、ヘリが着陸する直前のカットに、プロペラの風ではためく旗のカットで良いではないか?今思えば、この冒頭の数分で “視聴者を妙に煽っては裏切る作戦” は、我々に静かに忍び寄っていた訳だ。

何故、予告編で崩落事故に巻き込まれる藍沢を見せた?

『3』では珍しく、災害現場の指揮官として現場の作業員たちに指示をする白石の勇敢な姿のカットは良かった。と思った直後に、第8話までとは別人のようにテキパキと仕事をする横峰に失笑。本当に最終回は編集のバランスが悪い。

そして、いよいよ予告編で見た藍沢と藤川が二次災害である崩落事故に舞い込まれるシーンだ。しかし、残念ながら事前に予告編で見せられているから、「ああ、こうやって崩落したのか?」と言う感じ。どうして、予告編で見せてしまったのかな?と今でも思う。最終回直前に予告編が差し替えられたと言う噂もあるが…

藍沢が助かっても「良かったあ!」でなく「やっぱり…」

さらに言うなら、そもそも『1』と『スペシャル』で描かれたトンネル事故で、「二次災害の危険のある場所には救命チームが入れない」と言うくだりが印象的に描かれているから、52分頃に後出しで「安全確認が取れていた」と言う台詞で誤魔化すが、やはりこの脚本家は過去の名作を見ていないのでは?と疑いたくもなる。

そして、感想は崩落の場面に戻る。予告編で崩落そのものを全部隠して編集したら、視聴者があれこれ予想して楽しめたのにと思って見ていると、“予想と期待通りに” 藍沢がサクッと助かる。だから、藍沢が助かっても「良かったあ!」ではなく「やっぱり…」となるのだ。

通例、旦那は避難させ患者の頭でも腹でも切り開くのに

さて、ずーっと不思議に見ていたのが、黒タグの妊婦とその夫のくだり。なぜ危険な場所にいつまでも旦那を残しているのか?なぜ、緋山は旦那の安全を第一に考え非難させないのかって。実は、今度はこの旦那に緋山が一目惚れでもして、失恋からの脱却でも狙っているのかと、考えたくもない推測が頭を過ぎる…

いつもなら、旦那は早々に避難させて患者の頭でも腹でも切り開くのに。結局は、旦那に「子供はいいです。1人で育てるなんて できない」と言わせるために、脚本家が都合よく居残らせただけ。手術の同意を貰うなんて理由で、旦那を危険にさらしたことと、序盤で藤川が子供を避難させたことに整合性がないから、頭が痛い。

視聴率狙いで視聴者を騙すから、藍沢の心に響く台詞が…

そして、少年の持つ緑のペンライトに気付く横峯。今回は妙に「デキるフェロー」を描くのが不自然だなと見ていたが(「上げて落とす」の作戦だったことは、のちに判明するが)。

藍沢「医者が二次災害に遭うなんてあっちゃいけない」

今回の数ある台詞で、この↑藍沢の台詞が一番救命医師らしい台詞だったような気がする。しかし、前段で語ったように「二次災害」を軽率にドラマに取り入れて、視聴率稼ぎのために視聴者を騙したから、もっともっと我々の心に響くこの藍沢の台詞も軽くなってしまった。残念…

感情を表情に出す冴島なんて見たくなかった

あとは、もう細かく解説するのも面倒なくらいに、どうでも良くなってしまった。名取が患者に「あなた自身の人生をあなた自身で決めて下さい」と言うのも、彼自身の成長が描かれていないから唐突にしか聞こえないし、藤川のキャラクターだけは『3』でも踏襲されているのは、脚本家に思入れでもあるのか?など。

そんな不変の藤川に対して、完全にキャラクターが変わってしまった冴島。今回のような災害現場で夫が瀕死の状態にいるその場で、感情を表情に出す冴島なんて見たくなかった。あのいつも凛として患者や医師や関係者を笑顔で励ます冴島を『3』でも、もっと見たかった…

実は私、あの撮影現場を見ていました

そして、ついに45分過ぎ「TRC八千代中央図書館・オーエンス八千代市民ギャラリー」が登場。おっと、これ白石らが蒔田中央駅の構内から出て来て、ドクターヘリが飛んでいくシーンのロケ地のこと。下↓の写真が全景。実は私、あの撮影現場を偶然遠くから目撃していたのだ。しかし、ネタバレになるため公開は避けた(謝)

7年ぶりの偶然のロケ撮影現場で、あの暑いの日差しの中、遠くに見えた山下智久さん、新垣結衣さん、戸田恵梨香さん、比嘉愛未さん、浅利陽介さんたちの雄姿から、どうしてこのような作品が出来てしまうのかと思って見ていた…

コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON (第10話/最終回/30分拡大・2017/9/18) 感想
©みっきー

また、ロケ地情報では、1:07:28頃に緋山が名取のお父さんに文句を言うシーンは、東京女子医大八千代医療センターの外来棟、3階から2階へ降りるエスカレーター前でした。他にも知っているロケ地はありますが内緒で。何せ、何度もお会いする人の顔と名前は覚えなくても、一度でも訪れた場所は絶対に忘れない。これも仕事柄だろうか…

このシーンで完全に "安達奈緒子氏への信頼" が崩壊

また、終盤で一番最悪だったのが、59分頃のベット上の藤川と冴島の会話。『1』と『2』で脚本家の林宏司氏が丁寧に慎重に描いてきた藤川の片思いと、冴島が元恋人の死から立ち直る過程で藤川に助けられた微妙な関係を、ついに『3』の安達奈緒子氏が真逆の設定にねつ造した。このシーンで完全に安達奈緒子氏への信頼が崩壊した…

これに比べれば、緋山と料理人の恋バナが再燃したのなんて「ああそうかい」のレベルだし、トロント行きを決めた藍沢に「あんなに可愛がってくれたおばあちゃんをまた他人に預けて行くのか?」と突っ込んだのも馬鹿馬鹿しくなった。

もし続編の『4』があるなら、これだけは約束して欲しい

とにかく、続編の『4』があるなら、現在のフェローたちは総入れ替えで、脚本家も林宏司氏に戻すのが最低条件。結局、ドクターヘリのドラマなのに、たった一度の事故でだけヘリを運航する人に脚光が浴びなかった『3』。ヘリが予算的に飛べないとしても、ドクターヘリが活躍しなければ『コード・ブルー』ではない…

あとがき

映画化があるから5人の所属事務所も、この脚本家と企画で了承したと言うことですね。そして、結局、ドラマは映画化の予告編と言うことでもあった訳です。なんか、騙された気持ちで翌朝になっても怒りと落胆が消えません。もちろん、山下智久さん、新垣結衣さん、戸田恵梨香さん、比嘉愛未さん、浅利陽介さんたちに感謝の念は絶えません。

また、フジテレビの「月9の視聴率稼ぎ」のために、これ以上、『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』の名を汚して欲しくありません。劇場版は大丈夫でしょうか?1,800円を支払って、再び怒りと落胆だけのお粗末な作品を見せられるのは、もう勘弁して欲しいです…

最後に。前回の感想に、100回ものWeb拍手とたくさんのコメントを頂き、ありがとうございます。そして、第9話までの各話にもたくさんの拍手やコメント頂き、旅行中にも感想を投稿した甲斐がありました。これからも私は、『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』を応援していきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


         

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 THE THIRD SEASON 上巻 (扶桑社文庫)
コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 THE THIRD SEASON 下巻 (扶桑社文庫)
フジテレビ系ドラマ「コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命―THE THIRD SEASON」オリジナルサウンドトラック
コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 THE THIRD SEASON フライトスーツ(つなぎ) 130サイズ
コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 THE THIRD SEASON フライトスーツ(つなぎ) 110サイズ


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10458/


【『1nd season』の感想はこちら】
第9話 第10話 最終回


【『2nd season』の本家blogの感想はこちら】
「コード・ブルー 2nd season」ロケ地@千葉県八千代市
「コード・ブルー 2nd season」ロケ地@千葉県八千代市 (その2)
「コード・ブルー 2nd season」ロケ地@千葉県八千代市 (その3)
「コード・ブルー 2nd season」ロケ地@千葉県八千代市 (その4)「スナックすれちがい」
「コード・ブルー 2nd season」ロケ地@千葉県八千代市 (その5)「八千代医療センター」

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 最終回


【『THE THIRD SEASON』の感想はこちら】
「コード・ブルー」再放送中で毎日感動! 月9で7年ぶりの続編で奇跡の再集結!!
[一安心] 「コード・ブルー」サードシーズンもミスチル「HANABI」が主題歌
奇跡のコラボ 「ひよっこ」の三男が「コード・ブルー2」に出演していた

第1話 第2話 第3話 第4話 第4話(その2) 第5話 第6話 第6話(その2) 第7話 第8話 第9話


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR