おげんさんといっしょ 2019 (2019/10/14) 感想

おげんさんといっしょ 2019
©NHK

NHK総合・『げんさんといっしょ 2019』公式
『おげんさんといっしょ第3弾!なんと90分の生放送!どこまでゆる~くなっちゃうのか?マル秘大物「おげんさんファミリー」も登場!今回おげんさん一家は何を歌うのか?』の感想



星野源が「おげんさん」に扮し東京・渋谷のおげんさんの家から異色の豪華メンバーと共にお届けしたNHKの音楽番組『おげんさんといっしょ』が帰ってくる!過去最大の放送時間で!「おげんさんといっしょ」第3弾放送決定!どこまでゆる~くなっちゃうのか?マル秘大物「おげんさんファミリー」も登場!今回おげんさん一家は何を歌うのか?10月14日(月・祝)よる10時30分よりなんと90分の生放送!
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

音楽好きには堪らない要素が満載の番組

放送の度に、Twitterのトレンド第1位を獲得する、知る人ぞ知るNHKの大人気音楽番組『おげんさんといっしょ』の第3弾が放送された。とにかく、音楽好きには堪らない要素が満載の番組だけに、私は毎回HDDとBlu-rayディスク化して永久保存している程に大好きな音楽番組だ。

細かい番組の設定等は省略して、今回すご~く良かったところを抜粋して感想を書こうと思う。

終始ハイテンションで歌い踊る宮野真守さんの破壊力が楽しかった

まず、開始早々3分過ぎに登場した「おげんさんちのネズミ」の声優であり、永遠の16歳で現役アイドル「雅マモル」こと宮野真守さんの作詞・作曲による『恋はホップステップジャンプ』の生バンドアレンジバーションが良かった。

第2弾では、銭湯で星野源さんと長岡涼介さんのアコギをバックに歌って以来の登場。流石に “永遠の16歳” と言うだけあって、全く衰え知らず。とにかく終始ハイテンションで歌い踊る宮野真守さんの破壊力が楽しかった。因みに、録画の見過ぎで既に字幕なしで歌える私なのだ。

藤井隆さんの "ピート・バーンズへの愛" に泣いた…

次に良かったのが、おげんさん一家の15歳の長女・隆子(藤井隆)が歌い踊って披露した、伝説のユーロビートの第1人者と言っても過言でないバンド「DEAD OR ALIVE」の1984年発売の大ヒットシングル『You Spin Me Round [Like A Record]』。いやぁ、これも良かった。

懐かしいと言うより、私も、カラオケに行ってお酒が入っていたら必ず歌う曲だから、この曲も歌詞を見ずして歌える。藤井隆さんがピート・バーンズのように、髪の一部を刈り上げて、あのヘアスタイルにしてくれて超嬉しかった。

残念ながら、ピート・パーンは2016年に57歳の若さで急性心不全のため亡くなっている。でも、名曲もPVも残る。私のスマホの中にもベスト盤『That's The Way I Like It: The Best Of Dead Or Alive』がいつでも聴けるように入っている。若い人にも、是非「DEAD OR ALIVE」の音楽を聴いて欲しい。

渡辺直美さんが"世界に通じるエンターテイナーなんだ"と思った瞬間

渡辺直美さんの「ビヨンセ」のモノマネも、『おげんさんといっしょ』の中に組み込まれると、ここまで面白さが昇華するものかと感心してしまった。生バンドの櫻田泰啓さんと石橋英子さんのピアニカの音が、妙に『Crazy In Love』に合うものかと更に感心。

渡辺直美さんが、ドラムの河村"カースケ"智康さんに “ブレイク” でダメ出しをする場面は本当に笑ってしまった。やはり、渡辺直美さんって、世界に通じるエンターテイナーななんだなとつくづく思った瞬間だった。

松重豊さんの新しい音楽への探求心と役者魂に恐れ入った!

そして、「スナック豊豊(ほうほう)」の大ママで、おげんさん一家のお母さん・おげんさん(星野源)の “育ての親(乳母)” の豊豊を演じたのが、五郎さん、じゃなくて、松重豊さん。

以前にフジテレビの音楽番組『Love music』に出演された時も、古い曲の知識も凄かったが、世界中の新しい音楽を探しては紹介していた。今回は、その出演よりも更にパワーアップして音楽愛を熱弁されていた。

そして、パープルのボブカットのウィッグに赤のチャイナドレス、そこへ私物の黒ぶち眼鏡で、ノリノリで話していたのがとても印象的だった。そして、松重豊さんが、最初から最後まで「豊豊さん」になり切るのを忘れずに演じていたのに、改めて役者のプロ根性を見た。

もちろん、おげんさんとラッパーのPUNPEEさんとのコラボも最高に良かったのは言うまでもない。

あとがき

生放送と言うことで、台風19号の爪痕の残る日本列島に、どのように放送するのか…きっと、キャストとスタッフは放送直前まで悩んだに違いありません(想像ですが)。でも、あの “ゆる~い世界観” と “真面目な音楽愛” を余すことなく伝えたのは正しかったと思います。是非、第4弾も放送して欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
That's The Way I Like It: The Best Of Dead Or Alive


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13345/

スポンサーサイト



NHKの良心か?『日曜美術館「アニメーション映画の開拓者・高畑勲」』放送予定

NHKの良心か?『日曜美術館「アニメーション映画の開拓者・高畑勲」』放送予定
©NHK

日本アニメーション黎明期をまともに描かない「なつぞら」への不満

現在放送中の連続テレビ小説『なつぞら』の劇中で描かれる昭和40年代の所謂「日本のアニメーション製作の黎明期」に、モヤモヤやイライラを感じている人が多いのは、先日投稿した『朝ドラ「なつぞら」に"中高年層が共感し難い"と感じる理由を中年オヤジが考えてみた』への読者の皆さんの反応を読ませて頂いて、よ~く分かった。

そのモヤモヤやイライラの大きな原因は、「主人公なつに共感出来ない」と言うことであるには間違いないと思う。

私が考える、もう一つの不満の大きな理由がある

しかし、私が考える、もう一つの大きな理由がある。それは、NHKから公式なアナウンスはされていないものの、「アニメーション編」に登場する、主人公なつを始めとする主要な登場人物には実在の人物がモデルになっているのは明らかで、その「実在の人物」と「劇中の登場人物」の “違い” や、その人物にまつわる事実との “違い” ではないかと…

主要な登場人物と、そのモデルである実在の人物がの"違い"

因みに、公式に発表されているのは、主人公の坂場なつ(旧姓:奥原)が、奥山玲子さんと言うこと。そして、それ以外の登場人物でも、ネット上や史実を知る人なら大凡の予想はつく人物が下記の通り。

奥原なつ(広瀬すず)=奥山玲子さん

昭和10年(1935)10月26日生まれ。東北大学教育学部に入学するも、途中で家出同然に上京し、デザイン会社に入社するが上手く行かずに、叔父の紹介で東映動画へ臨時採用された。漫画やアニメに興味は無く、入社して「動画」と聞いて「童画」と思ったと言う。東映動画長編第一作目『白蛇伝』に動画として参加。1963年7月7日には同僚だった小田部羊一氏と結婚。2007年に肺炎のため死去。

坂場一久(中川大志)=高畑勲さん

1959年に東映動画へ入社。東映動画の演出助手公募の第一期生で、自身で絵を描けないために、作画監督や美術監督を決めてから、各部署のスタッフの能力を引き出すと言うアニメーション製作の方法をとった。

仲 努(井浦新)=森康二さん

東映動画の発足当初から参加し、作画部門において大工原章らとともに指導的な役割を果たし、のちの大塚康生氏、高畑勲氏、小田部羊一氏( 宮崎駿氏の先輩で、 『なつぞら』の アニメーション時代考証担当)、宮崎駿氏ら、数多くの後進に影響を与えた。

下山克己(川島明)=大塚康生さん

東映動画第一期生で、その後は新入社員・宮崎駿氏の指導育成を担当。『白蛇伝』には動画担当として参加。

三村 茜(渡辺麻友)=大田朱美さん

東映動画にアニメーターとして入社し『白蛇伝』に参加。1965年10月に宮崎駿氏と結婚。長男・宮﨑吾朗氏、二男に宮﨑敬介氏がいる。結婚後は、「宮崎朱美」名義でも活躍。

「アコ」こと大沢麻子(貫地谷しほり)=中村和子さん

通称「ワコ」。東映動画の長編第一作『白蛇伝』から動画担当として参加し、のちに手塚治虫氏に気に入られて「虫プロ」へ移籍し『鉄腕アトム』『リボンの騎士』等の作画を担当し、虫プロの黎明期を支えた人。

「モモッチ」こと森田桃代(伊原六花)=保田道世さん

通称「ヤッチン」。東映動画でトレースを担当。組合活動を通じ、高畑勲氏と宮崎駿氏と出会い、『風の谷のナウシカ』に参加して以来、殆どのスタジオジブリ作品の色彩設計を担当した。

神地航也(染谷将太)=宮崎駿さん

1963年に東映動画に入社。1965年に、同僚の大田朱美氏と結婚。因みに結婚式の司会は大塚康生氏が務めた。

井戸原昇(小手伸也)=大工原章さん

『白蛇伝』には原画担当として参加し、1950~70年代の東映動画のアニメショーン映画製作を支えた。

登場人物と実在のモデルを比較すると驚くかも!?

アニメ業界に詳しい人なら、もっと詳細な人物紹介が出来ると思うが、私は日本のアニメーションに詳しくない方だから、この程度でご勘弁を。でも、『なつぞら』の視聴者なら、かなり強引に史実に近づけようとしている部分や、結婚相手などが全く違うことには驚くかも!?

まっ、とにかく『なつぞら』では、まともに「日本のアニメーション製作の黎明期」を描くと言う触れ込みがあった割に、まともに描かれていない。

「なつぞら」の適当な描写に対する "NHKの良心" か?

そこで、『なつぞら』の適当な描写に対する、これは「NHKの良心」だと思われる番組が、NHKのEテレで 『日曜美術館「アニメーション映画の開拓者・高畑勲」』と題して放送されるのを紹介したい。放送日は、2019年9月8日(日)なので、『なつぞら』のお口直しに観てはどうだろうか?

『日曜美術館「アニメーション映画の開拓者・高畑勲」』
NHK Eテレ 2019年9月8日(日)午前9時00分~午前9時45分
再放送:NHK Eテレ 9月15日(日)午後8時00分~午後8時45分

「アルプスの少女ハイジ」「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」。高畑勲監督は背景や人物表現のひとつひとつに、臨場感や説得力を追求した。遺作「かぐや姫の物語」は構想から50年を経て制作へ。アニメーションの常識を覆す表現が生まれた。高畑の助手を務めたこともある「この世界の片隅に」の片渕須直監督と、かぐや姫の声優として、高畑の演技指導を受けた女優・朝倉あきが、高畑が現代に残したメッセージをよみとく。

【ゲスト】アニメーション監督…片渕須直,女優…朝倉あき,【出演】美術史家…辻惟雄,アニメ美術監督…山本二三,アニメーション監督…ミッシェル・オスロ,映像研究家・亜細亜大学講師…叶精二,【司会】小野正嗣,柴田祐規子

番組の公式サイト↓
https://www4.nhk.or.jp/nichibi/x/2019-09-08/31/21051/1902814/

あとがき

坂場のモデルが「高畑勲」と言うのは、相当無理があるように思います。それならもっと、寄せて演出論などを なつと戦わせるなどして、アニメーションの製作現場を丁寧に描けば良かったのに…と思います。とにかく、坂場のことは一瞬忘れて、この番組を観ましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
アニメーション,折りにふれて (岩波現代文庫)
天才の思考 高畑勲と宮崎駿 (文春新書)

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-13207.html

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR