べっぴんさん (第137回・3/16) 感想

連続テレビ小説「べっぴんさん」

NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』公式
第24週『光の射(さ)す方へ』『第137回』の感想。
なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。
 本作は、2/28 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


映画制作を続けるすみれ(芳根京子)たちは、戦後間もない頃に自分の子供たちのために作った服を映画の中に出そうと考える。すみれたちの思いを込めたものづくりの原点を目の当たりにした健太郎(古川雄輝)は、キアリスの拡大を急ぐ自分の姿勢に疑問を抱くように…。一方、潔(高良健吾)は紳士服ブランドを新たに作り、その着こなし講座を開くよう栄輔(松下優也)に依頼する。会社を倒産させた責任を感じていた栄輔は…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

すみれは、カーディガン1枚しか直しただけでは?

すみれ「ありますよ~!」
良 子「捨てる訳ないやない!」
すみれ「たくさんあるわぁ」

こんな取って付けたような会話で始まったアバンタイトル。主題歌後にすみれ(芳根京子)が昔に手作りした服をたくさん広げていたが、私の記憶では白いカーディガンを直しただけ。流石に1枚の服で全部をすみれが作ったとするのは、調子が良過ぎる…。それに今更だが、刺繍と編み込みの違いが滅茶苦茶のような。

"私たちのやってきた事" を描いていないのに…

良子「私たちのやってきた事 これで良かったのよねぇ」

この台詞も取って付けたよう。ちっとも “私たちのやってきた事” を描いていないのに、さも日本の子供服文化をけん引してきたみたいな言い方、とても違和感を覚える…

結局、「語り」でクランクアップを表現するなら…

はな(N)「このナレーションが終われば
     ついにクランクアップです」

それこそ、クランクインのシーンに「キアリスガイドの映画化に勤しむすみれたちでした…」の1行の台詞で、月曜日に撮影終了させたら良かった。そうでないなら、ラッシュ編集している場面など、きちんと映画制作の過程を描くべき。結局、金持ちの親バカが集まって仕事そっちのけで遊んでるのを木曜日まで描いただけ…

栄輔が、ものを作って楽しそうな印象はゼロ

栄輔「やっぱりものを作るって楽しいな」

栄輔(松下優也)がものを作ってる場面ってあったろうか。語りと台詞で大繁盛している風に視聴者に思わせていただけではないか。せめて、栄輔が服のデザイン画を描いてるとか、縫製に口を出すとか、そう言う印象的な場面があれば別だが、無いのにこの台詞では、映画作りが楽しかったってことになるような…

専業主婦は、社会から隔離されているとでも言うのか?

ゆり「私もね これを機会に社会復帰しようと思うてるの」

流石に、ここで「社会復帰」と言う単語を使うのには違和感を覚える。脚本家はネット上の噂通りに、炎上商法でも狙っているのか。それとも、単なる言葉知らずか。地域から要求され自宅で英語塾を開いている女性が、元の職場それも夫が経営する会社に復帰することは「職場復帰「現場復帰」」位が適当では?

失業した大勢の社員の苦しみも、30秒の台詞で終わり?

栄輔「みんなの家族を路頭に迷わせるような事を
   してしもうたんです」

失業した社員やその家族、負債で迷惑を掛けた企業のことも、全部ひっくるめてたった30秒の栄輔の台詞で終わりかい?ここまでして栄輔に出番を与えたいなら、きちんと破産処理の過程で、元社員に怒号を浴びたり、メリヤス機械を確保した経緯を、映画制作なんかよりも描くべきでは?時既に遅しだが…

あとがき

今回取り上げた台詞以外にも、悉く気に障る台詞が多い15分間でした。描くべきことを描いて来なかったからの言い訳台詞、今更ながらの説明台詞。描いていないのに描いたように言うアリバイ工作台詞。専業主婦を差別化するような台詞などなど。

これでも、先の展開を楽しみに、好意的に見ているんですよ。しかし、それを次々と裏切るような展開や台詞ばかり。今更ですが、今年に入ってからの「さくらの乱」から始まった “さくらの成長” の描き方を大失敗しましたね。そこで上手く母と子を描き直せば良かったのに。つくづく残念です…

[お願い] コメント等でのあらすじのネタバレ厳禁でお願いします。今やストーリー展開が唯一の私の楽しみですので…(困)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


             

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」 (中経の文庫)
ファミリア創業者 坂野惇子 - 皇室御用達をつくった主婦のソーレツ人生
坂野惇子の人生 (MSムック)
上品な上質---ファミリアの考えるものづくり
時空旅人別冊 “べっぴんさん"坂野惇子の生涯: サンエイムック
連続テレビ小説 べっぴんさん Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9646/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/448017902.html でも受付けております。


【これまでの感想】
“視聴率=作品の質”か? 「べっぴんさん」視聴率18%台と7日から大台割れ
「べっぴんさん」初回“総合視聴率”は27% 新視聴率調査でテレビのおばさん化に影響を与えるか?
べっぴんさん "お嬢様"を言い訳にし過ぎたり、各エピソードの"配分"の悪さが、ドラマに今一つのめり込めない原因か?
「べっぴんさん(第43回・11/21)」を"紀夫の立場"で改めて考えてみた
「べっぴんさん」2か月過ぎても、まだ本当の意味で "ドラマ" になってない!?
「べっぴんさん」第50回まで描かれずに残念だったこと。そして、本作の課題と今後に期待すること

第1週『想(おも)いをこめた特別な品』
1 2 3 4 5 6
第2週『しあわせの形』
7 8 9 10 11 12
第3週『とにかく前に』
13 14 15 16 17 18
第4週『四つ葉のクローバー』
19 20 21 22 23 24
第5週『お父さまの背中』
25 26 27 28 29 30
第6週『笑顔をもう一度』
31 32  33 34 35 36
第7週『未来』
37 38 39 40 41 42
第8週『止まったままの時計』
43  44 45 46 47 48
第9週『チャンス到来!』
49 50  51 52 53 54
第10週『商いの聖地へ』
55  56 57 58 59 60
第11週『やるべきこと』
61  62 63 64 65 66
第12週『やさしい贈りもの』
67  68 69 70 71 72
第13週『いつものように』
 73 74 75
第14週『新春、想(おも)いあらたに』
 76 77 78 79
第15週『さくら』
 80 81 82 83 84 85
第16週『届かぬ心』
86  87 88 89 90 91
第17週『明日への旅』
92  93 94 95 96 97
第18週『守るべきもの』
98  99 100  101  102  103
第19週『希望』
104  105  106  107  108  109
第20週『旅立ちのとき』
110  111  112  113  114  115
第21週『新世界へ、ようこそ』
116  117  118  119  120  121
第22週『母の背中』
122  123  124  125  126  127
第23週『あいを継ぐもの』
128  129  130  131  132  133
第24週『光の射(さ)す方へ』
134  135  136  

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【べっぴんさん】第137回 感想

映画制作を続けるすみれ(芳根京子)たちは、戦後間もない頃に自分の子供たちのために作った服を映画の中に出そうと考える。 すみれたちの思い …

クランクアップ>『べっぴんさん』第137話

「良子ちゃんに男の子はポケットが好きって聞いて」by君枝 ももももしかして 栄輔さんがポケットに手を突っ込んでたのは そーいうわけ!?>ぇ …ひじゅにですが何か? 「社会復帰しようと思うてるの」byゆり ↑今迄、刑務所にでも入ってたのか!? 今日は このドラマにしては明るくて 軽く楽しめる回かもな ―と、全体的には思えたんだけど...

クランクアップ>『べっぴんさん』第137話

「良子ちゃんに男の子はポケットが好きって聞いて」by君枝ももももしかして栄輔さんがポケットに手を突っ込んでたのはそーいうわけ!?>ぇ…ひじゅにですが何か?「社会復帰しよう...

べっぴんさん 第137回

内容岩佐(松下優也)の提案もあって、すみれ(芳根京子)たちが、子供たちのために作った服を映画で使うことが決まる。 一方、潔(高良健吾)は、ゆり(蓮佛美沙子)そして岩佐に。。。。 敬称略 「私たちのやって来たこと、これで良かった」 。。。と言われてもな...

コメント

No title
こんにちは!
今までに描いてこなかった場面を悉く台詞で済ませて、最終回までに、うまく編集しているつもりなのでしょうか??
朝、三鬼Pのコメントを読んだのですが
1月17日の回の不可解な演出も1.17への思いだったのかしら?とてもびっくりしました。
’想いを伝える事は難しいことなのです。’とかナレーションでありましたが、全く伝わらなかったですね。
別嬪を作らねばいけないドラマなのにのに、ドラマが別品になってしまった感じですね。


  • 2017-03-16│13:06 |
  • 舞子 URL│
  • [edit]
Re: No title
☆舞子さん
コメントありがとうございます。

ホント、肝心な所が全部「語り」ですもんね。
あとは、不親切な説明台詞ばかり。
困ったものです…
  • 2017-03-16│14:38 |
  • みっきー(管理人) URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR