二夜連続ドラマスペシャル「アガサ・クリスティ そして誰もいなくなった」 (2017/3/25,26) 感想

二夜連続ドラマスペシャル「アガサ・クリスティ そして誰もいなくなった」 (2017/3/25,26) 感想

テレ朝・二夜連続ドラマスペシャル『アガサ・クリスティ そして誰もいなくなった』公式
『アガサ・クリスティ不朽の名作、ついに完結…!主演・仲間由紀恵&豪華俳優陣で日本初映像化!閉ざされた孤島のホテルで次々に殺される男女10人…犯人は誰?その目的とは!』の感想。


【第一夜】謎の人物によって、閉ざされた孤島のホテルに呼び寄せられた、白峰涼(仲間由紀恵)はじめ10人の男女。なぜ招待されたのか、これから何が起こるのかー。期待と不安の中で食卓を囲んでいると、突如として彼らの過去の罪を暴露する“謎の声"が聞こえてくる。それぞれの胸中に去来する過去の出来事。10人が互いの過去を探り合う中、招待客の一人が目の前で殺害される!そしてここから、わらべ歌の歌詞になぞらえ、死の連鎖が始まり…
【第二夜】白峰涼(仲間由紀恵)はじめ、孤島のホテルに呼び寄せられた10人の男女に襲いかかる死の恐怖。わらべ歌の歌詞になぞらえ、次々に殺され、ついに最後の一人までもが…。“そして誰もいなくなった"孤島に、事件の一報を聞き駆けつけた警視庁捜査一課警部・相国寺竜也(沢村一樹)。果たして犯人は誰なのか。10人は何のために集められ、なぜ殺されなくてはならなかったのか。かつてない大きな謎に、天才的な観察眼を持つ刑事が迫る!
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

あの不朽の名作ミステリー小説のドラマ化

あの不朽の名作ミステリー小説のドラマ化だ。脚本は、『西村京太郎サスペンス・十津川警部シリーズ』『特捜最前線シリーズ』等の長坂秀佳氏。演出は、『相棒シリーズ』『おみやさんシリーズ』等の和泉聖治氏。音楽は、『警視庁捜査一課9係』『臨場』『遺留捜査』等の吉川清之氏。

原作の1930年代のイギリスの島と言う舞台を、現代の日本の孤島に置き換えた本作。

本作を評価するのは、ちょっと難しい

本作を評価するのは、ちょっと難しい。それは、原作と先日他界した渡瀬恒彦さんへの思い入れの深さで、変わって来るのではないかと思うからだ。私は、映画『 そして誰もいなくなった(1974年)』の印象が強く、映画鑑賞後の原作を読んだために、原作と映画の違いに戸惑った派だ。

昭和の2時間サスペンスのゆったりした謎解きドラマ風

その立場で言うと、国も時代も変更した割には、作品の世界観は踏襲されたと感じた。言うならば、1970年代に放送された天知茂さん主演の『江戸川乱歩シリーズ 明智小五郎』シリーズ風な、昭和の二時間サスペンスのちょっとゆったりした謎解きドラマみたいな雰囲気。

特に、吉川清之さんの劇番が良かった。また、風の音や効果音の生々しさも悪くなかった。演出的には現代ドラマにししては間延び感があったかもしれないが、私にとっては俳優の演技を魅せる時間の遣い方だったし、レトロ調の演出がもたらす雰囲気は居心地が良かった。

2日間仕様の「解決編」で、原作独自の後味が消えた

ただ、問題は無くも無い。と言うか、それなりにある。まず、根本的な問題として、原作がミステリー小説なのに、刑事の謎解きドラマに仕上がったこと。それによって、2日間仕立てになって「解決編」が作れたことで、原作の持つ独特の後味が消え去ったのは、残念で仕方がない。

これは、2015年にフジテレビで放送された 『オリエント急行殺人事件』と同じ構図。もう少し何とかしてもらいたい。

本作の核心部であるる本人しか知り得ない事実が蔑ろに…

もちろん、原作があろうと、版権を買いドラマ化するなら、脚本家らによる個性的な再解釈でオリジナリティーを出すことは重要なこと。その意味では、本作が頑張ったのは評価したい。

しかし、本作に於いては、舞台を現代の日本にする以外に、こんなに本作用のオリジナリティーやアレンジが必要だったかは、大きな疑問。特に、本作の核心部とも言える本人しか知り得ない事実が蔑ろになって…

渡瀬恒彦さんと國村隼さんが逆だったら…

また、言い辛いが、渡瀬恒彦さんの配役が失敗だったような。やはり、あのメンバーの中で、元判事と言う設定もあって真犯人は渡瀬恒彦さんってことになっちゃうから。せめて、渡瀬恒彦さんと國村隼さんが逆だったら、意外性があって良かったかも。

あとがき

渡瀬恒彦さんの鬼気迫る演技が凄かったです。まさか、本作の撮影の数カ月後に亡くなられるとは。渡瀬恒彦さんに、謹んで哀悼の意を表します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9685/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方は、
   http://dmesen.seesaa.net/article/448419651.html でも受付けております。

スポンサーサイト

[二夜連続ドラマスペシャル「アガサ・クリスティ そして誰もいなくなった」 (2017/3/25,26) 感想]の続きを読む


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR