下北沢ダイハード (第10話・2017/9/22) 感想

下北沢ダイハード

テレビ東京系・ドラマ24『下北沢ダイハード』公式
第10話『悪魔にとり憑かれた女』の感想。



結成20周年を迎えたロックバンド・ロノウェの初めてのワンマンライブが始まろうとしていた。チケットはソールドアウト。会場には有名音楽プロデューサーの姿も。リーダーのカート小林(高橋努)を始め、メンバー達はいつも以上に気合が入っていた。
多くのミュージシャンが音を司る悪魔“ロノウェ”と契約し、27歳の若さで伝説を残して他界したという言い伝えに憧れていた彼らはすでに39歳になっていた。
一回り遅れでやって来たラストチャンスだ。失敗するわけにはいかない。人生を賭けているのだ。
ところが開演直前、ボーカルのジャニス(夏帆)が突然、「彼氏にフラれて歌えない!ライブはやらない!」と言い出す。
しかも、彼氏はファンサイトの管理人でもある通称・サタン(松尾諭)。どうにかライブを開催しようとカート小林は会場にいるサタンとジャニスを復縁させようと画策するが…。
時は既に開演時間――ベースのジミー辺見(山本浩司)とドラムのブライアン錠(フットボールアワー・岩尾望)も巻き込んで、ジャニスを歌わせようと様々な手を尽くすがジャニスの身にとんでもない異変が!
果たして、人生を賭けたラストチャンスを掴むことはできるのか!??
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---

音楽愛に満ちた40分間!

脚本は、生演奏やダンスを取り入れて話題の劇団鹿殺し代表・丸尾丸一郎氏。演出は、第7話『手がビンになった男』も担当したVシネ等の助監督をされている戸塚寛人氏。

今回は、“人生最悪の一日” を描きつつ、いつもと違って捻りを利かせたハッピーエンド。「エアバンド」と言うオチも面白かった。脚本にも音楽愛が滲み出ていたし、演出の選曲や音楽の使い方もなかなか良かった。俳優さんたちも、みんな好演。満足の40分間だった。

あとがき

今回も面白かったです。配役が抜群に良かったです。ついに、来週が最終回。どんな “人生最悪の一日” が描かれるのか楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
下北沢ダイハード Blu-ray BOX(5枚組)
下北沢ダイハード DVD BOX(5枚組)
Shoes(初回限定盤)雨のパレード
Shoes


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10477/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

スポンサーサイト

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR