なつぞら (第18回・2019/4/20) 感想

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第3週『なつよ、夢の扉を開け』の 『第18回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


乳業メーカーをめぐる富士子(松嶋菜々子)と剛男(藤木直人)の対応に、泰樹(草刈正雄)は心を閉ざしてしまう。その夜、なつ(広瀬すず)は、泰樹と気が合わない剛男となぜ結婚したのか、富士子に尋ねる。すると富士子は、剛男が抱えていた境遇や結婚に至った経緯を静かに語りだした。そしてなつは、演劇部の練習室を訪問。泰樹のために、自分にできることはあるか、顧問の倉田先生に尋ねる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

"こなつ" は自分の意思を貫く "元祖朝ドラヒロイン" だった

昨日頂戴した非公開コメントに「なつの初期設定」について書いてあったので、公式サイトにある脚本担当の大森寿美男氏のインタビューを読んでみた。その中に、ヒロインについて、三つの特徴が掛かれている、

【1】自分の意思を貫いて生きていくヒロインではない
【2】家族の思いを人一倍受け止めて、
   自分はどういう思いを人に返していくかを考えるような人
【3】人の心に流されながら、出会いと関わりのなかで、
   人生を見いだしていくヒロイン

この三つをどう思うだろうか。私の感じ方は、第1,2週で描かれた “こなつ” は、自分の意思を貫く、所謂 “元祖・朝ドラヒロイン” 的なアイコンとして描かれていた。だから、世間の人たちは “こなつ” に懐かしさを感じ、「こなつロス」なる言葉までネット上に躍ったと思っていた。

もちろん、東京大空襲で両親をなくし、運命的に十勝の開拓者の一家に育てられるヒロインだから、最初からガツガツと出しゃばるキャラクターでないのは分かった。でも、自分の意思を貫かず流されながら生きて行くヒロインだとは思わなかった。だから勝手に、「朝ドラ100作目」だから原点回帰したものだと解釈していたのだ。

第3週目からの "なつ" は、上記3つを兼ね備えている

しかし、「描かれなかった9年間」を経た第3週目からの “なつ” は “こなつ” とはほぼ別人として描かれたと感じた。だって、正に上記の三つを兼ね備えたヒロインとして描かれているのだから。

例えば、前回で描かれた、なつが演劇を始める理由が、剛男との会話で「じいちゃんのためになるって言われたから」と言ったのなんて正に代表的だ例だ。

実は "なつ" は外的要因で "ブレまくるヒロイン" なんだ!

従って、私はこう考えた。“こなつ” 時代の『なつぞら』は別物なのだと。だから、前回の感想に書いたような、今の “なつ” に問題解決能力を期待するのなんてお門違いなのだ。

先のインタビュー内の見出しを引用すれば、“ブレないヒロインではない” と言う訳だ。従って、意地悪な言い方をすれば、出会った人や起こった出来事によって「ブレまくるヒロイン」が “なつ” だと思うことにした。(「今更、知ったの?」と言う読者もいるだろうが)

強引な騒動の無い、日常を描いた朝ドラになるかも?

そして何より、外的要因によって「ブレまくるヒロイン」を好意的に捉えれば、前作や前々作のように、毎度強引に騒動など作っては解決するのを繰り返さなくても良いと言うことになる。

だって、騒動など起こらなくても、ヒロインの前に誰かが現れて、ヒロインと関われば、ヒロインは「私は何をすれば良いのか?」と自問自答して、自分の人生が動いて行くのだ。だから。むしろ、「ブレまくるヒロイン」の方が日常を描いたホームドラマになる可能性があるかも知れない…と思った。

だって "時の流れに身を任せ" て生きてる人が多いから…

だって、多くの人たちは、『カーネーション』のヒロイン糸子のように強い信念と問題解決能力を持ち、自ら世の中に斬り込んで道を開く訳でなく、“時の流れに身を任せ” て生きているのだから、共感しやすいヒロインになる可能性がある。とにかく、来週からは「全ての登場人物が出会いによってブレまくる朝ドラ」として観てみようと思う。

あとがき

今日の15分間を見ても「全ての登場人物が出会いによってブレまくる朝ドラ」だなぁって思ってしまいました。その理由は、物語が “なつ” に依存し過ぎて進んでいるからです。そりゃあそうです。全ての登場人物が “時の流れに身を任せ” ているのですから、何でも「なっちゃん」頼みに展開する訳です。

そして、その物語のけん引役であり頼られる「なっちゃん」が、これまた “ブレないヒロインではない” のですから困ります。演劇を始めたと思ったら、仮の両親の馴れ初めエピに興味を持って。私もしばらくは “時の流れに身を任せ” て見守った方が良いのですかね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 なつぞら 上


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12692/

スポンサーサイト

[なつぞら (第18回・2019/4/20) 感想]の続きを読む

インハンド(第2話・2019/4/19) 感想

インハンド

TBS・金曜ドラマ『インハンド』公式
第2話『驚異の外来ウイルススーパースプレッダーは誰だ!?』の感想。
なお、原作の漫画、朱戸アオ「インハンド」(講談社「イブニング」連載中)は未読。



紐倉(山下智久)は、アドバイザー就任を要請する牧野(菜々緒)の依頼を断る一方で、高家(濱田岳)と共に東京都内の感染症センターへ。そこには、日本に生息していないダニが媒介するウイルスに感染し、昏睡(こんすい)状態に陥った患者の女性・明莉がいた。感染源を捜す紐倉達は明莉の自宅を訪ね、9歳の息子・渉(込江大牙)と対面。そんな中、新たな感染者が現れる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:朱戸アオ「インハンド」(講談社「イブニング」連載中)
脚本:吉田康弘(過去作/映画「ヒーローショー」「黄金を抱いて翔べ」、コウノドリ[2]) 第1,2
   田辺茂範(過去作/参道高校合唱部!、レンタルの恋、トクサツガガガ)
   福田哲平(過去作/)
演出:平野俊一(過去作/ブラック・マンディ、Sー最後の警官ー、カンナさーん!) 第1,2
   岡本伸吾(過去作/隠蔽捜査、TAKEFIVE、大恋愛)
   青山貴洋(過去作/オー・マイ・ジャンプ!第3話のみ、ブラックペアン第7話のみ、グッドワイフ第8話のみ)
音楽:得田真裕(過去作/家売るオンナシリーズ、アンナチュラル)
主題歌:山下智久「CHANGE」(SME Records)

今回も、かなり完成度の高いドラマだったのは間違いない!

かなり専門的で好みが分かれそうな題材のドラマなのに、まず基本的に物語そのものが面白いし、メインの三人のキャラが立っているし、個々の役割分担が明瞭で、三人の個性や特徴を活かした会話劇も楽しい。もう、これだけでもかなり完成度の高いドラマと言えるのだが…

山Pの独特なムードと顔立ちや眼差しが、「紐倉哲」にピッタリ!

やはり本作の見所は、俳優・山下智久さんと彼が演じる「紐倉哲」の医療知識の凄さと変態&変人っぷりが、ドラマ『アルジャーノンに花束を』でのハマり役「白鳥咲人」の時と同じように、山下智久さんが醸し出す独特なムードと優しさと冷たさを兼ね備えた不思議な顔立ちや眼差しが、天才なのに変態で変人にピッタリだってところだ。

テンポが良く、スリルある展開で、場面展開が速いのに分かり易い!

もちろん、菜々緒さんと濱田岳さんの魅力も余すところなく活かされているから、更に面白いのは言うまでもないが。とにかく、テンポも良くて、スリルのある展開で、場面展開が速いのに分かり易い…だから、1時間があっと言う間の『インハンド 第2話』だった。

あとがき

私は、かなり秀逸で完成度の高い連ドラだと評価していますが、世間では意外とそうで無いのに驚いています。でも、やはり『コード・ブルー』『アルジャーノンに花束を』に次ぐ、山下智久さんの代表作になる予感がします。この調子でどんどん完成度を高めて、楽しい連ドラになって欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
インハンド(1) (イブニングKC)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12691/


【これまでの感想】
第1話

きのう何食べた? (第3話・2019/4/19) 感想

きのう何食べた?

テレビ東京系・ドラマ24『きのう何食べた?』公式
第3話『チキントマト煮込み』の感想。
なお、原作の漫画、よしながふみ「きのう何食べた?」(講談社「モーニング」連載中)は、未読。



秋の午後、史朗(西島秀俊)は実家へ。父・悟朗(志賀廣太郎)と母・久栄(梶芽衣子)は史朗と賢二(内野聖陽)の関係を受け入れていると言うが、どこか不自然だ。帰宅した史朗は、何ともいえない気持ちを賢二に話せない。日曜の昼。佳代子(田中美佐子)の家でコールスローを作っていた史朗は、佳代子の夫・富永(矢柴俊博)に、テニス仲間で同性愛者だという小日向(山本耕史)を紹介される。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「なんでも話せる相手」がそばにいる幸せ…の物語

今回は、簡単感想で(謝)

前回の感想にも書いたが、どうしても絶妙なキャスティングを見事な演者さんたちの演技に目を奪われてしまいがちな本作だが、今回もしっかりと人間ドラマが描かれていた。

特に今回は、柔らかく温かな日常の中に、ポツンと存在する人それぞれの辛い一面を、相手がいることでその辛さが緩和され、またいつもの日常がやって来る幸せが、ゆったりとした流れの中で丁寧に描かれた。そんな第2話だった。

あとがき

「なんでも話せる相手」がそばにいる幸せ…の物語に、グッと来てしまいました。前作の『フルーツ宅配便』も人間の悲喜交々を丁寧に描いた秀作ドラマでしたが、本作はゲイカップルを通して人間の機微やほろ苦い日常をさらりと描いて考えさせてくれます。次回も楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
公式ガイド&レシピ きのう何食べた? ~シロさんの簡単レシピ~


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12690/


【これまでの感想】
第1話 第2話

なつぞら (第17回・2019/4/19) 感想

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第3週『なつよ、夢の扉を開け』の 『第17回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


演劇部顧問・倉田先生(柄本佑)から「演劇をやれ」と言われたなつ(広瀬すず)。すぐに断るなつだったが、演劇をやることが泰樹(草刈正雄)のためになるという倉田先生の言葉に、心が揺らぎ始める。その翌日、なつと倉田先生は、農協にいる剛男(藤木直人)を訪ね、酪農の現状について質問する。剛男は、酪農家が抱える問題をなつに説明するとともに、農協が目指す目標をなつに伝えた。そしてなつは、ひとつの答えを導き出す…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

広瀬すずさんの横で、メモ取るだけの柄本佑さんが気の毒で

広瀬すずさんの横で、メモを取るだけの芝居をやってる柄本佑さんが気の毒で気の毒で…。前回の感想のあとがきで「なつのモデルである奥山玲子さんが子供の頃から童話を創り、兄弟で演劇を披露していたと言うのがネタ元だと思いますが」と書いた通り、この農協の問題で演劇部顧問・倉田先生(柄本佑)が本当に必要だったのかと、改めて考えさせられた第17回。

天陽の「この土に勝ちたいよ!」を問題解決したなつは何処?

これ、普通に大好きな泰樹(草刈正雄)と剛男(藤木直人)の仲を仲裁したいと言う気持ちから、なつが自発的に農協に調べに行った方が良かったと思う。自発的なのが無理なら、前回で雪次郎(山田裕貴)か陽平(犬飼貴丈)に「農協に直接聞いてみたら?」と言わせるだけで良かった。

なぜなら、幼少期のなつは、「この土に勝ちたいよ!」と悔しがった天陽を助けるために、泰樹に「うそつき!」と吠えて問題解決をした女の子だった。だとしたら、今回は自分の新しい家族のために一肌脱ぐのが、成長したなつの姿であるべきではと思うから。

なつが問題解決する姿こそ "なつらしさ" に繋がると思うが

そして、そう言う自分や自分以外の問題解決をする姿を描く事で、登場人物の特徴を描き、それが最終的に「なつのキャラクター」に繋がって行く。それが連ドラ。このことは、『半分、青い。』や『まんぷく』でもきちんとやっており、良くも悪くもヒロインのキャラクターづくりに役立っていた。

だって、今のなつにどんな特徴があるだろうか。最初の2週間で描かれた、東京から北海道へ連れて来られた、酪農と絵が好きな女の子以外に特に見当たらない。だから、ここで問題解決能力のある女の子と言う設定を強調すれば、今後の「未来のなつ」に向かう展開にも、容易に活かせると思うのだが。

でも、7分頃のなつと剛男との会話で、なつは「じいちゃんのためになるって言われたから」と言う態度だった。やはり「描かれなかった9年間」に何かあったと考えるべきなのか?

あとがき

もう2週半を過ぎたので、もう「なつらしさ」が強調されても良い時期だと思います。まあ、あまりにも草刈正雄さん演じる泰樹のキャラが強いので、なつの印象が弱く見えてしまうと言うのもありますが。どうか、この唐突ではありますが演劇のエピソードで、<なつらしい解決方法>を描いて “なつらしさ” を魅せて欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 なつぞら 上


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12688/

[なつぞら (第17回・2019/4/19) 感想]の続きを読む

ストロベリーナイト・サーガ(第2話・2019/4/18) 感想

ストロベリーナイト・サーガ

フジテレビ系・木曜劇場『ストロベリーナイト・サーガ』公式
第2話 エピソードタイトル『ソウルケイジ(前編)』、サブタイトル『死体なき殺人謎を呼ぶ真実の連鎖』の感想。
なお、原作の小説、誉田哲也「姫川玲子シリーズ」(小説)は数冊だけ既読。


別の場所で見つかった手首と血痕が工務店主・高岡のものと判明。変死体遺棄事件として、玲子(二階堂ふみ)や菊田(亀梨和也)は所轄署の井岡(今野浩喜)や葉山(葉山奨之)と捜査を始めるが、10係主任・日下とは初動からぶつかる。工務店で働く耕介にとって亡父の友人・高岡は子どもの頃からの恩人。その耕介には日下が、耕介の恋人・美智子には玲子らが話を聞くが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:誉田哲也「姫川玲子シリーズ」(小説)
脚本:徳永友一(過去作/グッド・ドクター、海月姫、僕たちがやりました) 第1
   ひかわかよ(過去作/救命病棟24時』第5シリーズ、医龍4) 2
   関えり香(過去作/後妻業、結婚相手は抽選で)
演出:石川淳一(過去作/リーガルハイ、海月姫、フラジャイル) 第1
   山内大典(過去作/サイレント・ヴォイス、海月姫) 2
音楽:末廣健一郎(過去作/逃げるは恥だが役に立つ、大貧乏、貴族探偵)
主題歌:亀梨和也 「Rain」
オープニングテーマ:ロイ-RoE-「VIOLATION*」

『ソウルゲイジ』は、刑事ドラマの面白さが凝縮した物語なのに…

俳優違いで物語は同じリメイク版と謳って放送しているのだから、前作と比較してしまうのは当然。その意味では、『ソウルケイジ』と言う、『ストロベリーナイト』のエピソードの中でも、刑事ドラマの面白さがギュッと詰まった物語なのに、そのエピソードでも盛り上がらないか…と言った印象だ。

配役への違和感の上に、脚本と演出が分かり難いのは致命的

特に、前後編の構成にしてしまったために、「前編」である第2話の引き延ばし感が半端無かった。当然、脚本家と演出家が第1話と交代しているせいもあろうが、脚本的にはとても分かり難く書かれていたし、演出的には無駄な間が多く、カット割りもタイミングが悪くて、余計に分かり難さが増してしまった。

とにかく、キャスティングへの違和感だけでもかなりのものなのに、その上で脚本と演出が分かり難いとなると、致命的な気がする…

あとがき

前回の感想で書いた、原作の古さを感じさせない工夫と言う点では、若干改善されたと思います。ただ、やはりリメイク版なのですから、もっと “本作らしさ” が欲しいです。しかし、配役、脚本、演出のチグハグさが、『ストロベリーナイト』自体の面白さや俳優の魅力まで吸い取ってしまっているような感じがします。

折角なので、次回の「後編」までは見てみようと思いますが、感想を書くかどうかは分かりません。あしからず…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【店舗限定 3タイプセット】Rain(初回限定盤1+初回限定盤2+通常盤)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12687/


【これまでの感想】
第1話


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR