●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

【注意喚起】「お支払い方法の情報を更新」と言うAmazonからのメールはフィッシング詐欺

【注意喚起】「お支払い方法の情報を更新」と言うAmazonからのメールはフィッシング詐欺
himawariinさんによる写真ACからの写真

まえがき

一般財団法人インターネット協会の「インターネット利用アドバイザー」の資格を持つ管理人のみっきーです。ここ1か月間、急に私宛に届いている「お支払い方法の情報を更新」と言うタイトルのAmazonからのメールを装ったフィッシング詐欺についてのお話です。

差出人「amazon」、表題「お支払い方法の情報を更新」

「お支払い方法の情報を更新」と言うタイトルで、差出人が「amazon(全部小文字のことが多い)」なっている、如何にも「Amazon」から送られて来たように装った「詐欺メール」が確認されています。

「Amazon」から送られて来たように装った「詐欺メール」は様々なタイプが確認されていますが、私宛に届くメールは全て差出人が「amazon」となっており、表題が「お支払い方法の情報を更新」となっています。実際に私が受け取ったメールを画像で見て頂くと、こんな感じです。

【注意喚起】「お支払い方法の情報を更新」と言うAmazonからのメールはフィッシング詐欺


全体の文面は以下の通りです

また、全体の文面は以下の通りですので、参照して下さい。

「お支払い方法の情報を更新」

お支払い方法の情報を更新してください。Update default card for your membership.

Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。お客様のAmazonプライム会員資格は、2020/06/09に更新を迎えます。お調べしたところ、会費のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません。クレジットカード情報の更新、新しいクレジットカードの追加については以下の手順をご確認ください。

  1. アカウントサービスからAmazonプライム会員情報を管理するにアクセスします。
  2. Amazonプライムに登録したAmazon.co.jpのアカウントを使用してサインインします。
  3. 左側に表示されている「現在の支払方法」の下にある「支払方法を変更する」のリンクをクリックします。
  4. 有効期限の更新または新しいクレジットカード情報を入力してください。

Amazonプライムを継続してご利用いただくために、会費のお支払いにご指定いただいたクレジットカードが使用できない場合は、アカウントに登録されている別 のクレジットカードに会費を請求させて頂きます。会費の請求が出来ない場合は、お客様のAmazonプライム会員資格は失効し、特典をご利用できなくなります。

Amazon.co.jpカスタマーサービス


基本的に「何処もクリックせずに、ゴミ箱に捨てて」下さい

私は、「Amazonプライム会員」ではないので、それだけで、このメールが如何わしいことは容易に分かります。でも、もしも、あなたが「Amazonプライム会員」だと騙される可能性はあります。あれこれと、こう言ったメールが「本物」か「詐欺メール」か分からない時は、基本的に「何処もクリックせずに、ゴミ箱に捨てて」下さい。

Amazonを装ったフィッシング詐欺メールの確実な見分け方

そこで、Amazonからの「あなたへの通知」を別の方法で知ることができるので、繰り返しますが、怪しいメールは削除して、Amazonの公式サイトで「あなたへの通知」の全てを知る方法で確認するようにして下さい。

【パソコンの場合】
 1.Amazonの公式サイトに言って、自分でログインする
 2.画面右上の「アカウント&リスト」の上にマウスを置いて…
 3.項目「アカウントサービス」の中の「アカウントサービス」をクリック
 4.画面の真ん中辺りにある項目「Eメールとメッセージ」の下の「メッセージセンター」をクリック
 5.この中にあるのが「本物のAmazonからのメール」の内容

【Amazonのスマホのアプリの場合】
 1.Amazonのスマホアプリで、自分でログインする
 2.画面左上の「三本線」をクリック
 3.項目「アカウントサービス」をクリック
 4.画面を下の方までスクロールして、項目「メッセージセンター」の「メッセージ」をクリック
 5.項目「メッセージ」の中の「すべてのメッセージ」をクリック
 6.この中にあるのが「本物のAmazonからのメール」の内容

この詐欺メールの種類は「フィッシング詐欺」

因みに、この詐欺メールの種類は「フィッシング詐欺」と言われるもので、簡単に申しますと、メール内のボタンをクリックすると、本物のAmazonサイトに似せたホームページに飛んで、そこで、あなたのクレジットカード番号や名前や電話番号、アカウントIDとパスワードを巧みに盗むと言う、釣り(フィッシング)に似た詐欺です。

決して、メール内のリンクやボタンをクリックしないようにして下さい。

あとがき

皆さんに「Amazonと楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります」と、お願いしている立場として、Amazonを装ったフィッシング詐欺メールへの注意喚起をさせて頂きました。

大切な個人情報です。どうぞ、気を付けて下さい。



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14495/
スポンサーサイト



[再]連続テレビ小説「エール」 (第37回・2020/8/10) 感想

連続テレビ小説「スカーレット」

NHK総合・[再放送]連続テレビ小説『エール』公式サイト
第8週『紺碧(ぺき)の空』の 第37回:裕一の母・古山まさ(菊池桃子)の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。

【告知】個人的なことですが、8月以降も元のように仕事が動き出しそうにないので、毎朝起きると辛いです。従いまして、『エール』の再放送の感想は、出来るだけ前向きな内容に書くことにします。もちろん、「ここをこうした方が良かった」と言うのは書くつもりですが、済んだことに、あれこれ言っても、虚しさが募るだけですので… ※暫く“テンプレ”です。


早稲田大学応援部の団員たちに、慶應の「若き血」に勝つ曲をとお願いされた応援歌「紺碧の空」の作曲依頼。曲を書いてみようとレコード会社のサロンで構想を練る裕一に、木枯(野田洋次郎)は歌手の山藤太郎(柿澤勇人)を紹介する。山藤は、慶應の応援団に「若き血」の歌唱指導をした張本人だった!なんとかありきたりではない曲を書こうと努力する裕一(窪田正孝)だったが、なかなか書けず…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

●原作:林宏司 ●作:清水友佳子 ●演出:橋爪紳一朗(敬称略)

初見の時にも感じたが、この第37回の1カット目が実に良い

初見の時にも感じたが、この第37回の1カット目が実に良い。本放送の際の副音声がどのように解説されていたのか知らないが、1カット目は、コロンブスレコード社のサロンのテーブルで「早稲田大學 第六應援歌」と白紙の五線紙にタイトルを書く裕一の手元のアップだ。

既に「早稲田大學 第六應援…」までは太字で書き終えていて、最後の「歌」の文字だけを鉛筆で「太字」に塗りつぶしているような演技だ。

題名を何度も鉛筆でなぞっているうちに太字になったのか…

そして、今回の菊池桃子さんによる “裕一の母” の「古山まさ」になり切った副音声による解説では「早稲田大学の応援歌 題名ばっかりなぞって」となっていた。

なるほど。私は初見の時には、裕一が “一文字ずつ” 太字に書いたと思っていたのだが、この度のまさの解説によると、音符が思いつかないから、題名を何度も鉛筆でなぞっているうちに太字になったことになる。

どちらの解釈でも、なかなか音符が書き出せない “時間” が、「僅か10文字」を書く “時間” を表している。そして、その “時間” こそ、前回で早稲田大学応援部の団員たちに、慶応の「若き血」に勝つ曲を作って欲しいと懇願された、応援歌「紺碧の空」の作曲依頼の構想を練り始めたものの、思うようには進んでいないことが分かると言う仕掛け。

良くぞ、1カットで魅せたと思う。

解説が"優しい母"なら、これまでも"優しい母"で良かった…

さて、前回の感想で、 裕一が音楽の道に進むのを大反対していた菊池桃子さんによる “裕一の母” の「古山まさ」になり切った副音声による解説だから、母親目線で優しく語るのか、叱咤激励になるのか、そのあたりも聴きどころだ…と、書いた。そして、結果は裕一を優しく見守り応援する立場だ。

ご存知の通り、脚本家の交代劇の影響を受けてか、まさのキャラクターは一定でない。しかし、今回の解説を聞いて、やはり、まさは母親として “優しさ” のある女性であることが分かった。だとしたら、裕一が養子縁組する辺りから、音楽の道に進むまで、もっと “優しい母” に描いても良かったかも知れない…

鉄男よりも、方言が強調された"まさの解説"が良かった!

ただ、再放送の解説としては、中村蒼さんによる “乃木大将” こと「村野鉄男」になり切った副音声による解説より、方言が強い。もちろん、この度の再放送の副音声を担当した登場人物の中で、唯一「福島にしかいいない人」だから、この位に方言が強い方が、ローカル性が醸し出されて良いと思う。

まさが「恵さん」と名前を知っているのは明らかに不自然…

9分頃、久志(山﨑育三郎)が登場した場面では、「素敵な大人になったわね、久志君」との解説が入った。確かに、まさは小学生の久志しか見ていない(設定)だろうから、これはこれで良い。

でも、10分頃、舞台が「喫茶バンブー」に映って、梶取恵(仲里依紗)が登場した際の解説「ねえ、恵さん。その紙、何?」と言っていたが、まさは恵と一度も会っていない(設定)のはず。だったら「恵さん」と名前を知っているのは明らかに不自然。もちろん、解説をしなければいけないのは重々承知している。

でも、ここで名前を呼ぶ必要は殆ど無いのだから、「バンブーの奥さん」とか「音と親し気に話している人」とかで良かったと思う。だって、先週までに「喫茶バンブー」は夫婦で経営していることは、解説済みなのだから。

これに類似する違和感は、のちの「事務局長さんが来ました」にも言えること。まさが「事務局長」と言う役職を知っているはずないのだから、せめて「大学の事務局長さんかしら?」くらいの方が。この辺の解説シナリオの精査をもう少しやってくれると嬉しいのだが…

終盤の応援団部室から小山田登場の緩急の付け方は良い感じ

初見の時も好きだったのが、12分頃からの終盤。早稲田大学応援部の団長・田中を演じる三浦貴大さんの演技も楽しいし、名バイプレーヤーの徳井優さんが演じる大学の事務局長が、汗臭い部室へ鼻を押さえてやって来るのが、何度見ても面白い。まあ、人によっては、コミカルにやる過ぎ…と、感じる人もいるだろうが。

でも、この直後のシーンに登場した日本作曲界の重鎮・小山田耕三(志村けん)が、劇伴と合わせて「ダースベイダー」のように映る、映像的な硬軟の対比が良く出来ていると思う。

劇中の"今"は小山田の作風は"古臭い"のを再確認できた

最後に、今回の15分間で、初見の時には、さほど重要だと思わなかったが、今日のを見て新たに思ったことがあった。

それは、大学の事務局長が「紺碧の空」の脚本を小山田先生に依頼すると言って、部室を出て行こうとする際に、早稲田大学応援部の団員・村田(菅原健)が「(小山田が作った)その時の曲が古臭いと あまり評判がよくなく…」と言ったこと。

実は、この頃は、まだ小山田先生は「日本作曲界の重鎮」と言う肩書きと言うか、設定はあったが、小山田先生の楽曲が世間で “今” どのような評価を受けているのか殆ど描かれていない。なぜなら、本作で描くのは、コロンブスレコード社の流行歌を軸とした「赤レーベル」での出来事ばかりだから。

この時点で、小山田の作風は “今” は、古時代遅れ的であることが、台詞で描写されていたが印象に残っていなかった。やはり、再放送も見てみるものだ。

あとがき

まさの解説の不自然さは、何とか軌道修正して欲しいですね。やはり、東京に来ていない登場人物に解説をさせるには、もう少し配慮があって良いと思います。

そして、来週は、森七菜さんによる “音の妹” の梅「関内 梅」になり切った副音声による解説です。そして、内容は鉄男(中村蒼)と「カフェー パピヨン」の希穂子(入山法子)との恋バナが描かれる第9週『東京恋物語』。梅にとっては、完全に無関係な人のお話。不自然でない解説シナリオに期待しかありません。



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonから安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めするの商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonから安心して ご購入して頂けます!

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 エールPart1 NHKドラマ・ガイド
連続テレビ小説「エール」オリジナル・サウンドトラック
連続テレビ小説 エール Part1 (1) (NHKドラマ・ガイド)
古関裕而の生涯 傑作メロディーCD付き (TJMOOK)


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14494/

[[再]連続テレビ小説「エール」 (第37回・2020/8/10) 感想]の続きを読む

親バカ青春白書 (第2話・2020/8/9) 感想

親バカ青春白書

日本テレビ系・日曜ドラマ『親バカ青春白書』公式
第2話『畠山がある"秘密"をカミングアウト! 想定外の事態にさくらの恋にも新たな局面が訪れるが……!?』、EPG欄『娘の恋心に親はどう向き合う?』、ラテ欄『娘の恋心に親としてどう向き合うべき?』の感想。



畠山(中川大志)の「ガタローさんが好き」という言葉に衝撃が冷めやらないさくら(永野芽郁)。そんな中、自称ユーチューバーの同級生・根来(戸塚純貴)の提案で、一同はお化けが出るという畠山の部屋で肝試しをすることに。寛子(今田美桜)や美咲(小野花梨)にあきれられながらも、さくらを心配し当然のように同行したガタロー(ムロツヨシ)は、そこで畠山から予想外の告白をぶつけられる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:穴吹一朗(過去作/信濃のコロンボ1~5、Dr.DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス~)
演出:福田雄一(過去作/勇者ヨシヒコ、左江内氏、今日から俺は!!)
脚本統括:福田雄一(過去作/勇者ヨシヒコ、左江内氏、今日から俺は!!)
音楽:瀬川英史(過去作/勇者ヨシヒコシリーズ、左江内氏、今日から俺は!!、エール)
主題歌:ゆず「公私混同」(セーニャ・アンド・カンパニー)

今回は、かなりベタだから普通のドラマを見ている感じ…

前回は主演のムロツヨシさんによって、かろうじて「福田雄一ワールド」らしくは見えた。でも、今回は前回以上に過去の「福田雄一ワールド」の作品、例えば『今日から俺は!!』などの最近の作品に比べると “らしさ” が更に “薄味”。ストーリー自体も、かなりベタだから普通のドラマを見ている感じだった。

"緩くて鈍くさい路線"を意図的に狙っている可能性はある…

ただ、好きな登場人物さえ見つかれば、緩くて鈍くさい路線を意図的に狙っている可能性はある。でも、もう少し “おふざけ” をやっても良いような。流石に、狙いだったとしても、私には物足りなさしか感じなかった。


管理人・みっきー お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


結果的に肝心なガタローの本音も中途半端に終わったような

また、前回は、 「おじさんが大学生になって再び青春を謳歌するドラマ」と、「父親が娘と同じ大学に通う風変わりな学園ドラマ」と、「娘を大好き過ぎる父と、ど天然の娘のホームコメディー」の3つを盛り込んでどっちつかずの印象が強かった。

でも、今回は、それらは殆ど描かれずに、畠山(中川大志)の「ガタローさんが好き」と言う気持ちが中心になって、尺繋ぎのために幽霊話を盛り込んで、結果的に肝心なガタロー(ムロツヨシ)の本音も中途半端に終わったような。なぜ、第2話でこんなに方向性が揺らぐのだろうか?

あとがき

コロナ禍での撮影が影響してるのでしょうか。この、はち切れていない感じは。 もっと主人公の偏愛っぷりを強調した方が、「福田雄一ワールド」らしさが際立つと思います。

次回まで様子見して、場合によっては、そのまま継続視聴から離脱します。また、個人的には濃いめの『半沢直樹』のあとに放送されるので、もう少し弾けてくれないと物足りないです。



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14493/


【これまでの感想】
第1話

半沢直樹[2020] ([第1部] 第4話・2020/8/9) 感想

半沢直樹[2020]

TBSテレビ系・日曜劇場『半沢直樹[2020] 』公式
[第1部] 第4話『半沢、絶体絶命!カギは因縁・大和田!?』、ラテ欄『勝ったのは大和田!?負ければ再出向の逆境から倍返しなるか!!』の感想。
なお、原作の池井戸潤「ロスジェネの逆襲」(小説)池井戸潤「銀翼のイカロス」(小説)池井戸潤「半沢直樹3 ロスジェネの逆襲」(小説)池井戸潤「半沢直樹4 銀翼のイカロス」(小説)は未読。



半沢(堺雅人)らは東京中央銀行の電脳雑伎集団への追加融資を阻止するため、電脳の秘密を知る元財務担当・玉置(今井朋彦)を捜す。そして、玉置の父親が社長を務める電脳の子会社を訪れ、そこで玉置を発見。だが玉置は、父親の特許に関する権利を電脳に握られているため口を開こうとしない。一方、半沢の同期・渡真利(及川光博)は、半沢に出向の噂があることを伝える。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:池井戸潤「ロスジェネの逆襲」(小説)
   池井戸潤「銀翼のイカロス」(小説)
   池井戸潤「半沢直樹3 ロスジェネの逆襲」(小説)
   池井戸潤「半沢直樹4 銀翼のイカロス」(小説)
脚本:丑尾健太郎(過去作/小さな巨人、ブラックペアン、下町ロケット、ノーサイド・ゲーム)
演出:福澤克雄(過去作/半沢直樹、小さな巨人、陸王、ブラックペアン、下町ロケット) 第1,2,3,4
   田中健太(過去作/半沢直樹、小さな巨人、陸王、ブラックペアン、下町ロケット)
   松木彩(過去作/下町ロケット2018 第10話のみ、グッドワイフ第7話のみ)
音楽:服部隆之(過去作半沢直樹、ルーズヴェルト・ゲーム、下町ロケット、陸王)

今回も、分かり難い金融業界の仕組みを分かり易く描いた!

今回も、分かり難い金融業界の仕組みを分かり易く描いた前回の感想にも書いた通り、私自身は基本的に金融に詳しくないし無頓着。しかし、本作は、ドラマの進行を妨げずに、分かり難い金融業界の仕組みを、限られた時間の中で分かり易く描こうとしていることを、今回も大いに評価したい。

中でも、アバンタイトルの「これまでの “振り返り” の部分」と「今回で半沢たちがやるべきこと」の簡潔なまとめ方は、本当にありがたい…

第3話までの物語を、金融業界に疎い私なりにまとめると…

これまでの話を自分のためにまとめると、こんな感じだと思う。

電脳雑技集団がスパイラルを買収するために、半沢(堺雅人)たちの協力を仰ごうとするが、東京中央銀行に乗り換えて、銀行からの1500億円の巨額融資でスパイラル(セントラル証券が控えている)に企業買収を仕掛けるが、半沢たちの活躍でスパイラルがフォックスを逆買収に成功して、スパイラル&フォックス連合が誕生し株価が急上昇。

結局、電脳雑技集団が最初に用意した1500億円では企業買収には足りず、東京中央銀行は追加融資の500億円を画策し、この追加融資の500億円が決まってしまうと、半沢たちの敗北が決まってしまう。さて、どうなるのか? が、前回までの内容。

今回のアバンタイトルで描かれたことは、こんな感じか…

そして、メインタイトルの直前で描かれたのが、半沢たちは東京中央銀行の電脳雑伎集団への追加融資を阻止するため、電脳の秘密を知る元財務担当・玉置(今井朋彦)を捜す。と同時に、玉置の父親が社長を務める電脳の子会社「電脳電設」を訪れ、玉置を発見するが、父親の特許に関する権利を電脳に握られているために門前払い。

一方で、半沢の同期・渡真利(及川光博)は、半沢に出向の噂があることを伝える…。いやぁ、金融音痴の私でも、何とかここまでは理解出来た。本作、本当に金融業界の勉強になると思う。

三つの"組織や世の中は こう言うものだという強い意識"

24分頃、個人事業主(フリーランス)の私の心に響いた台詞があった、半沢が森山雅弘(賀来賢人)に、「一番厄介なのは 敵が自分自身のときだ」と言って語り始める “組織や世の中は こう言うものだという強い意識” が「三つある」と言う話だ。

半沢「一つ 正しいことを正しいと言えること
   一つ 組織の常識と世間の常識が一致していること
   一つ ひたむきで誠実に働いた者が きちんと評価されること」

これ、繰り返すが、フリーランスの私だから余計に心に響いたのかも知れない。フリーランスは基本的に業務委託を請けたクライアントの “懐” に入って仕事をするのが基本。その時に企業に属さない私が心掛けるのが、「私自身がクライアントの敵になっていないか?」と言うこと。かと言って、味方になるために自分が正しいことを言わないことは出来ない。

組織と組織以外の私の常識や価値観が一致することが一番大事。それを取りまとめるのが、宴席ディレクターと言う私の役割。そして、組織内だろうが組織外だろうが、同じプロジェクト内で誠実に働いた人がきちんと評価されないと、プロジェクトチームの全体の士気が下がる。この半沢の台詞、本当に良いと思う。


管理人・みっきー お薦めするの商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


半沢が仕事と向き合う時の"矜持"の説得力が半端ない!

また、前述の「組織や世間への心得 三箇条」のあとに続いて、半沢が上司として部下の森山に言った、この台詞も良かった。

半沢「仕事は客のためにするもんだ
   ひいては世の中のためにする
   その大原則を忘れたとき
   人は自分のためだけに仕事をするようになる
   自分のためにした仕事は
   内向きで 卑屈で 醜く ゆがんでいく
   伊佐山や三笠や大和田みたいな連中が増えれば
   当然 組織は腐ってく
   組織が腐れば 世の中も腐る
   森山 これから お前は 色んな相手と戦うことになるだろう
   だがな 最初の敵は いつも 自分自身だ
   勝敗は時の運だが 決して自分の構えを崩すな
   いつまでも鋭い太刀筋の森山でいてくれ」

半沢自身が仕事と向き合う時の “矜持” と言うものを、剣道になぞらえて教えた台詞の説得力は半端なかった。この気持ちは自分自身も忘れないようにしたいと思う。

巨大ブルドーザー風の本作だが一気に加速はしない巧みさ

この直後の、半沢が大和田(香川照之)に力を貸してくれるように頼みに行くくだりから、物語が一気に動き出す。1時間の通常放送枠の “まだ30分” からアクセル全開と言う感じだ。

なのに、『半沢直樹』と言う巨大ブルドーザーのようなドラマは一気に加速しない。アクセルをベタ踏みする前に、半沢と妻・花(上戸彩)のホームドラマを挟んで、視聴者に一息つかせる。この辺の緩急の付け方のさじ加減も絶妙だ。

時間軸をいじることで、ドラマにメリハリがついた

ホームドラマが終わると大会議室での役員会議。このままアクセル全開で進むかと思いきや、アクセル全開で走り去った大和田の乗った社用車が急スピードでバックして止まると言う回想シーンになる。時間軸をいじることで、ドラマにメリハリがついた。

役員会議での半沢の大演説からのどんでん返しは秀逸な展開

そして、39分から描かれた半沢の大演説。言っていたことは、電脳雑技集団が粉飾決算(不正な会計処理によって、故意に貸借対照表や損益計算書、いわゆる決算書を操作し、企業の財務状況や経営状態を実際よりもよく見せること)をやっていたと言う事実。営業権(企業の “暖簾” みたいなもの)を過大評価した上での資金還流。

これ、東京中央銀行の証券部の監査は何をしていたの? と言う点に半沢たちが見抜いたと言うどんでん返し。そして、結果的に、電脳とゼネラルは共に得をして、損をしたのは粉飾決済を見破れずに融資した間抜けな東京中央銀行と言う秀逸な展開だ。

負債を粉飾決算で処理した「オリンパス事件」がモデルか?

実はこれ、第3話までは、 2005年に起きたフジテレビジョン(現フジ・メディア・ホールディングス)とライブドアの間で、ニッポン放送株とフジの経営権を巡る攻防戦がモデルになっていた。

しかし、ここの粉飾決算のくだりは、2011年に起きたオリンパス株式会社が巨額の損失を「飛ばし」と言う手法で、損益を10年以上の長期に亘って隠し続けた末に、負債を粉飾決算で処理した「オリンパス事件」がモデルになっていると思われる。

粉飾を見破る経緯の描写が台詞だけで済ましたのには驚いたが、東京中央銀行の役員会議で “半沢の見せ場” を作るための工夫だ。これだけでも面白いのに、香川照之さんと市川猿之助さんの “親戚漫才” が加わるから、楽しくてしょうがない。

やはり、内容はそれなりに難しいが、『水戸黄門』のように最後の最後で印籠を見せつける半沢が登場すると、勧善懲悪の金融エンターテインメントとして完成度が高い秀作だと思う。

あとがき

次週からの「第2部」のネタ元は、2009年~2011年に起きた「日本航空の経営破綻」のようですね。日本航空の経営再建のため、国交省から言われた「JAL再生タスクフォース」のために、JALが巨額の債権放棄をせざるを得なくなり、その結果、JALは上場廃止に陥って、株は全て紙くずになったと言う事件。バカデカい恩返しを、どう楽しく魅せてくれるのか楽しみです。



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14492/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

妖怪シェアハウス (第二怪/全8話・2020/8/8) 感想

妖怪シェアハウス

テレビ朝日系・土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウス』公式
第二怪/全8話『お菊さん』、ラテ欄『皿屋敷のお菊さんが〝ミートゥー〟乱入!! セクハラ上司を成敗』の感想。



伊和(松本まりか)や酒井(毎熊克哉)ら妖怪達が暮らすシェアハウスに住み、小さな編集プロダクションで働くことになった澪(小芝風花)は、社長の原島(大東駿介)から大量の仕事を指示される。試用期間のため必死で働く澪は、会社に現れた‘スター編集者’として知られる宗像から優しい声を掛けられてときめく。伊和らが恋の予感だと騒ぐ中、澪は宗像から個別の仕事を頼まれる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:西荻弓絵(過去作/民王、女囚セブン、リーガル・ハート) 第1,2,3,7,最終
   ブラジリィー・アン・山田(過去作/東京センチメンタル、サイレント・ヴォイス) 第4
   綿種アヤ(過去作/不明) 第6
演出:豊島圭介(過去作/マジすか学園シリーズ、特捜9 season2) 第1
   山本大輔(過去作/おっさんずラブ1、映画おっさんずラブ) 2
音楽:井筒昭雄(過去作/民王、99.9、トクサツガガガ、病室で念仏を唱えないでください)
主題歌:miwa 「DAITAN!」(ソニー・ミュージックレコーズ

「第一怪」を超えて来るのか、期待感いっぱいで始まった

第1話の時、既に小芝風花さんのコメディエンヌの才能は抜群だし、脇役の妖怪を演じる俳優陣も硬軟自在に演じることが出来る個性が勢揃いしており、内容はベタでもそれなりの面白さはあったし、チープさも既に本作らしい魅力になっており、この先も第1話以上につまらなくなることは無さそうと思った『妖怪シェアハウス』の第二怪。

また、この「第二回」でなく「怪」になっている遊び心も良い感じ…

冒頭で説明をサクッと済ませて、あとはテンポ全開!

さて、前回はドラマの「初期設定」の説明が多かったため、多少の “間延び” は否めなかった。でも、まず褒めたいのは、今回の冒頭で「初期設定」の説明を前回の映像を使わずに澪(小芝風花)の解説でサクッと済ませたこと。これによって、本編も説明要らずにテンポ良く進んで “間延び” は、ほぼ皆無になった。

これ、既に第1話と演出家が後退しているにもかかわらず、このテンポ感を創り出したのは上手いと思う。

主人公映えの"最重要アイテム"の"妖怪"が丁寧に描かれた!

また、毎回登場する「クズ男」の存在や、「妖怪」などについては、各視聴者の好みがあると思う。ただ、「クズ男」が登場しなければ、物語が成立しないし、個人的には “お仕置き” をされて当然の「クズ男」の “クズの塩梅” が、私にはちょうど良い感じだ。

それに、今回は前回よりも、「妖怪」が程良く前面に出ていて、しっかりと描かれたのも良かった。やはり、本作は「妖怪」が主人公を引き立てる “最重要アイテム” なのだから、今回くらいに個性が際立って描かれると満足度が高くなる。

雑誌編集会社の必然性が分かり、全体のコンセプトが見えた

以外だったのは、澪が務める、ミステリーマガジン「マー」を編集している雑誌編集の「こんじゃくプロダクション」と言う舞台が、主たる舞台である「妖怪シェアハウス」と上手く連携して、ドラマを面白くしているし、このことで全体として本作がどんな方向へ進んで行くドラマであることも見えて来た。

第2話、おっと「第二怪」で、ここまでコンセプトを明確に提示して来たのは、しっかりとした企画に基づく連ドラと言うこと。大いに良いことだと思う。

私が、"特に褒めたい要素"が、この3つ!

そして、見終えて感じたのは、やはり前回以上に小芝風花さんのコメディエンヌっぷりが弾けていて面白かった。

また、脇役の妖怪を演じるバイプレーヤーたちも更に個性が際立ち、もはや妖怪にしか見ない。また、個人的に好きなのは、電子紙芝居風に妖怪を解説するアニメーションの演出。チープなのだが、絶妙に怖さとコミカルさが混在しており素晴らしい。

更に、今回のゲストであった佐津川愛美さん演じる “播州皿屋敷のお菊さん” のキャラの濃さが半端なく面白かった。松本まりかさんが演じる四谷伊和、通称 “お岩さん” も強烈キャラだったが、まさか彼女を超えるゲスト幽霊が登場したのには驚いた。

あとがき

夏ドラマの期待度では、星3つにしましたが、星5つの満点に近くなってきました。その位に、満足度が高いです。コロナ禍の今、このような明るく楽しくスカッとする連ドラは、世間ではあまり目立ってはいませんが、正に「お値打ちの逸品」って感じです。食わず嫌いで見ていない方にもお薦めしたいです。

妖怪シェアハウス|テレ朝キャッチアップ|無料見逃し配信中!
https://cu.tv-asahi.co.jp/watch/4224?official=1



【お願い】読者の皆さんも大変な状況とは思いますが、仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆さんのおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになりますので、引き続き、ご協力の程、よろしくお願いいたします(謝) ※暫く“テンプレ”です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/14491/


【これまでの感想】
第一怪


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR