相棒 season18 (第13話・2020/1/22) 感想

相棒 season17

テレビ朝日系・『相棒 season18』公式
第13話『神の声』の感想。



遺留品の返却で訪れた東京・奥多摩の村で移動スーパーの店員・琴江(松居直美)と知り合った右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、山中で変死体事件に遭遇。駐在所の警察官・草野(粕谷吉洋)は、連続殺人事件の容疑者だったことで村で迫害された橋沼(庄大地)の復讐だと言い出す。右京らが橋沼と同時期に姿を消した女性について調べる中、変死体の意外な死因が判明する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ゲストで、真犯人が分かっちゃうようでは…

●脚本:山崎太基/演出:杉山泰一(敬称略)

このようなドラマの見方は正しくないのかも知れない。ただ、ドラマ好きなら結構有名なエキストラさんたちを集めたところで、所詮はレギュラーの俳優陣以外で目立ったのは松居直美さんなわけで、真犯人が彼女以外の可能性はほぼ無いのは、冒頭で分かってしまった。

キャスティングと内容を精査していれば、面白くなったかも

それだけならまだしも、前半の「村情報」がやたらと都合良過ぎる位に大量に提供されたため、後半が薄っす薄すに。これ、キャスティングと内容をもっときちんと精査していたら、かなり面白くなった可能性があると思う。

最後の反抗を阻止する展開にするべきだったと思う…

しかし、後半の物語も今一つ。ほぼ特命係は真犯人が特定出来ているのに、最後の犯行を止めなかった。確かに、最後の真犯人の吐露を描きたかったとは言え、この程度の反抗を右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が見抜けないはずがない。だって、その操作能力こそが『相棒』の醍醐味なのだから。

あとがき

やはり、悔やまれるのは、特命係たる者が最後の反抗を阻止する展開にするべきだったと思います。それだけ…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【Amazon.co.jp限定】相棒 season17 ブルーレイBOX(6枚組)(オリジナル台本風ノート付) [Blu-ray]


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/13748/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話

スポンサーサイト



稲垣吾郎さん『スカーレット』出演!は嬉しいが、内田CPがネタバレを!?

稲垣吾郎さん『スカーレット』出演!は嬉しいが、内田CPがネタバレを!?
©NHK NHK連続テレビ小説「スカーレット」第94回の一場面

最近増加中の提灯記事の中では、スゴイのが投入された!

放送が残り2か月半を切っているのに、初期の頃の「大阪の荒木荘での女中修行編」の盛り上がりと高品質な作品から、ただただ下降するだけになっている朝ドラ『スカーレット』。だから、NHKも各マスコミに提灯記事を連投するように指示しているのが丸見えだが、今回は、その張本人である制作統括の内田ゆき氏が発表したのが、このニュース。

稲垣吾郎、『スカーレット』喜美子を支える医師役に 内田CP「物語終盤のとても大切な役どころ」
     https://realsound.jp/movie/2020/01/post-490697.html

毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『スカーレット』。このたび、稲垣吾郎が出演することが決定した。(中略)

稲垣が演じるのは、戸田演じる喜美子が病院で知り合う医師・大崎茂義。喜美子の息子・武志(伊藤健太郎)が病気になった際の主治医で、穏やかで親しみやすく、武志と喜美子を精神的にも支えていく。(中略)

内田ゆき(制作統括)コメント:ヒロイン・喜美子にとって、息子の病気というこれまでにない苦難に、ともに立ち向かってくれる医師は、物語終盤のとても大切な役どころです。

「俳優・稲垣吾郎」を応援したい&本作へ希望を残す身として

稲垣吾郎さんは、前事務所所属時代から「個性派俳優」として私も演技力や存在感を認めていた人。また、当時から主役以外の脇役にもチャレンジして、更に「個性派俳優」に磨きをかけていた人だ。

だから、そう言う挑戦的な人が、低迷期の『スカーレット』に登場してくれるのは、「俳優・稲垣吾郎」を応援したい立場としても、『スカーレット』への希望の灯りをまだ捨てていない立場としても嬉しいことだ。

「武志が病気に」は、最後1か月半が史実に最も近いってこと…

だが、制作統括の内田ゆき氏(以下、「内田CP」と略)が、作品の終盤で「喜美子の息子・武志が病気になる」ことを明かした。まあ、史実通りに行けば、そうなるのだが、私の『スカーレット (第90回・2020/1/18) 感想 ※追記あり』に書いた推測や、『拍手コメントへ返信 (2020/1/21の分)その3』に書いた推測の根拠が “当たる” ならば、八郎と三津は史実と違う展開になるはず。

だとすると、八郎と三津が退場した後は、再びと言うか、やっと喜美子のモデルである「神山清子さん」の半生のドラマが始まると言うことになる。要は、半年間の最後の1か月半だけが史実に最も近いってこと。

史実と異なるパートが上手い脚本家が史実寄りの終盤を…

これは、好意的に捉えれば、脚本家・水橋文美江氏が「神山清子さん」と「川原喜美子」が近づかないように、史実と異なる「大阪・女中修行編」を書いた…とも受け取れるが、逆に考えると、史実と異なる部分が良く出来ていて、史実をなぞり始めたら低迷して来たとも言える。そうなると、これからの終盤への心配がまた増える可能性があると言うことだ。

あとがき

稲垣吾郎さんが出演されるのは、本当に嬉しいです。ただ、また不安も増えました。内田CP発信の提灯記事に踊らされてはいけませんね(と言いつつ、書いちゃいました!)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 スカーレット 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]
火火 [DVD]
連続テレビ小説「スカーレット」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13747/

スカーレット (第93回・2020/1/22) 感想

連続テレビ小説「スカーレット」

NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』公式サイト
第16週『熱くなる瞬間』の 『第93回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


東京に行っていた八郎(松下洸平)が信楽に帰ってくる。喜美子(戸田恵梨香)は八郎に呼び出され喫茶店でジョージ富士川(西川貴教)と再会。ジョージは川原家にやってきて喜美子が拾った信楽焼の古いカケラに興味を示す。カケラの色は、薪の炎と灰によってできたものだという。ジョージが帰った後、三津(黒島結菜)が八郎の帰宅を喜び盛り上がる。その夜、喜美子は八郎に次の目標を明かす。しかし翌日思わぬトラブルが発生して…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

川原家の食事のシーンが、微笑ましく見えない理由

前回の感想は、別に手抜きしたのでなく、本当に書く感想が無かったからあんなに短くなってしまった。今回は、少しだけ頑張って書いてみようと思う。

今回のアバンタイトルのような川原家の食事のシーンが、ほぞ前後と無関係なエピソードとして描かれることが最近多くなったと思う。ホームドラマとしては悪いことではないが、こう言うほのぼのとした所謂 “アットホームなシーン” は、劇中の家族が視聴者から関心を抱かれ、愛され、共感を得られている場合に限って、微笑ましいし、笑えると思う。

その点では、前作『なつぞら』の十勝の食事シーンなんて意外と良かった。でも、今作の、特に三津(黒島結菜)が劇中でどんな役割を果たすのか見えていない現状では、正直 “アットホーム” とは見えないし思えないし言えない。だから、「楽しいでしょ?」と思って作っている映像が、楽しくない…

なぜ喜美子は八郎の電話で柴田以外の人物が居るのを察知?

主題歌明け、「カフェ・サニー」から東京に行っていた八郎(松下洸平)が喜美子(戸田恵梨香)に電話をかけて来た。かなり陽気でハイテンションな八郎の声では、サニーで偶然に窯業研究所の所長・柴田(中村育二)と出会った…とだけの内容だった。なのに、喜美子は「ほんで 誰といるのん?」と速攻切り返した。

ここ、喜美子が「柴田さんと偶然会ってそんなに嬉しい?」と一度切り返してから、八郎が「違う。他に誰といると思う?」としないと、喜美子が電話に出る前から、八郎が柴田所長意外に誰かといるのを知っているように見えた。

アバンの無駄話をやるなら、こう言うやり取りを撮影現場で精査して、脚本に適切な台詞が無ければ演出家が加えるべきだと思う。おっと、今週は演出家の “練習台” だから無理か…

母屋、工房、喫茶店の使い回し過ぎが、つまらなくしている

そして、ジョージ富士川(西川貴教)の登場。まあ、信楽焼の欠片の話が始まるまでの長いこと。あんな話が必要だろうか? そして、舞台は「欠片」の単語が出た途端に、カフェから工房へ。これなら、八郎が直接、ジョージ富士川と柴田所長を直接工房に連れて来た方が、喜美子へのサプライズになったのでは?

脚本家も演出家も描くことが無いのか、舞台をコロコロ変えてメリハリをつけているつもりなのか知らないが、正直ここ最近の本作のシーンって、工房と母屋と喫茶店の3つしかないから、結果的に3つを使い回しているように見えてしまって、むしろ同じシーンばかりに見えると言う逆効果になっている。いっそ、母屋と工房だけにした方が良いかも知れない…

なぜ喜美子よりジョージ富士川の方が"欠片の色"に興味を?

で、このシーンが今回で最も不思議で、突っ込みたくなるシーンとなった。そう。まず、1つ目のツッコミは、なぜ喜美子よりジョージ富士川の方が、「信楽焼の欠片」に強い興味を抱いているのか?

それこそ、ずっと前に手に入れた「欠片」の “色” に、今こそ興味関心を膨らませるべきだと思うから。

なぜ今さら"欠片の色"の理由を柴田所長に語らせたの?

もう1つのツッコミは、なぜ、今さら「信楽焼の欠片」のことを柴田所長に聞くのか? ってこと。だって、柴田所長と喜美子・八郎の関係は、喜美子夫婦が「かわはら工房」として丸熊陶業から独立する前からの関係だし、柴田所長はジョージ富士川と喜美子を再会させた人。

本作をずっと見ている人なら、喜美子の父・常治(北村一輝)の死よりも、ずっと前からの人間関係で、喜美子と八郎から一目置かれている人物、それが柴田所長

まあ、脚本家は、遂に喜美子が本気で信楽焼に興味を持ったと言うのを、世界的な芸術家が忘れられない「欠片の色」の素晴らしさを、柴田所長の解説で、更に興味が膨らんだ…と思わせたいのだろう。

しかし、やはり順番がおかしい。私なら、作陶に困った時こそ、喜美子は “信楽焼に初めて興味を持つきっかけ” となった「信楽焼の欠片」を手にして、遂に八郎と芸術家としてぶつかり合う中で、柴田に「信楽焼の欠片の色」について聞かせたかった…

工房に行った喜美子に八郎がおむすびを持って行くのって?

後半の展開も良く分からなかった。八郎は、「今夜、自分は工房を使わないから喜美子が使っていいよ」的なことを言った。だから、喜美子は何らかの作業をするために工房に行った。なのに、直後に八郎は “まるで喜美子の作業を邪魔するように” おむすびを持って工房に現れた。

これなら、ジョージ富士川が帰った後、八郎が「僕の個展のことで話がある」とそのまま、工房で話せば良かったのでは? とにかく、場面と言うか舞台をコロコロ変えすぎるから、内容が薄っぺらに見えるし、描くことが無いのかなと想像させてしまうのだ…

あとがき

さて、いよいよ私の1/18に投降した推測の最初の「電気釜が何らかの理由で壊れて」が描かれましたね。でも、今回では唐突に翌朝電源が入らないって感じでした。やはり「何らかの理由」が欲しかったです。例えば、200枚の小皿を次々と作っている最中に、過激に使ったから壊れた…みたいな。

でも、きっと明日には、私の推測通りに行けば、200枚の小皿が納期に間に合わないから丸熊陶業の穴窯を借りて…となるはずです。あとは、穴窯がいつ出来るか? なんか嫌な予感がしますね。

だって、東京に行く前と後で夫婦の関係が変わっちゃいましたから。こんな感じで、何もなかったように。まさか今週中に穴窯が完成? となると、折角の好転への期待も半減しますよ。だって、話が進むのが都合良過ぎますから…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 スカーレット 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]
火火 [DVD]
連続テレビ小説「スカーレット」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13744/

[スカーレット (第93回・2020/1/22) 感想]の続きを読む

10の秘密 (第2話・2020/1/21) 感想

10の秘密

関西テレビ制作・フジテレビ系・火9ドラマ『10の秘密』公式
第2話『誘拐犯の黒幕…危険な救出劇』の感想。



圭太(向井理)は接触してきた由貴子(仲間由紀恵)から、瞳(山田杏奈)の誘拐には仕事上のトラブルが絡んでいると聞かされる。そして、追ってきた彼女の恋人・竜二(渡部篤郎)を妨害し、由貴子の逃走を助ける。一方、菜七子(仲里依紗)を介して、事件当日、瞳がピアニストの翼(松村北斗)と会う約束をしていたことを知った圭太は、動画で翼と瞳が一緒に演奏していた店を探し歩く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:後藤法子(過去作/銭の戦争、家族ノカタチ、嘘の戦争、愛を乞うひと、ベトナムのヒカリ)
演出:三宅喜重(過去作/結婚できない男シリーズ、銭の戦争、嘘の戦争) 第1,2
   宝来忠昭(過去作/ヒモメン、僕の初恋をキミに捧ぐ、家政夫のミタゾノ3、セミオトコ)
   中西正茂(過去作/嘘の戦争)
音楽:林ゆうき、橘麻美
主題歌:秋山黄色 「モノローグ」(Sony Music Labels)

今回は、○○分まではリタイアしようかと思っていたが…

第1話と同じく、主人公・圭太(向井理)が14歳の娘・瞳(山田杏奈)を誘拐され、犯人から具体的に「娘を預かった。3日以内に娘の母親を捜せ。警察に行ったら娘を殺す」と期日限定されているにも関わらず、一向に緊張が無く緊迫した雰囲気も伝わって来ないのから、もう途中でリタイアしようかと思っていたら…

35分過ぎから「起承転結の転」まで観たくなる連ドラに!

なんと、35分過ぎに大展開が訪れた。まあ、脚本&演出として、どこまで “視聴者を騙そう” としているのかは分からないが、明らかな新展開を見せた。

これ、ホント重要。最近の連ドラでは、結果的に “どうでも良いようなコト” を最終回まで引っ張る傾向が多い中、きちんと「起承転結の転」でないが、「起承転結の承」を観たくなるような “仕掛け” を施した。これ位をやってくれたら、「起承転結の転」まで観たくなる…

あとがき

やっと、関テレの『火9ドラマ』らしさが、表れて来ましたね。こうなるのを待っていましたが、意外にも第2話の速さで。でも、モヤモヤ&あやふやな描写が多いので、まだまだ安心は出来ませんが、楽しんで見ていられる連ドラになりつつあります…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
カンテレ・フジテレビ系 火曜よる9時ドラマ「10の秘密」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/13742/


【これまでの感想】
第1話

スカーレット (第92回・2020/1/21) 感想

連続テレビ小説「スカーレット」

NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』公式サイト
第16週『熱くなる瞬間』の 『第92回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


喜美子(戸田恵梨香)は照子(大島優子)と信作(林遣都)と夜通し語り明かし、朝を迎える。照子と信作を見送った喜美子は、信楽焼のカケラの話を胸に小皿作りを再開して集中。一方、信作は喜美子や照子からのアドバイスを思い出し、百合子(福田麻由子)に電話をかける。普段と違う信作の行動に違和感を覚える百合子。不安な気持ちを三津(黒島結菜)に伝えつつ、信作の家に向かう。疑心暗鬼の百合子に信作が厳しい顔で…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

『信作 結婚のご挨拶が なかなかできない』は続けるべき!

2020年1月17日(金)に放送された『第89回』で、ナレーションがこう言っていた。

N「これが 後々 語り継がれる
   『信作 結婚のご挨拶が なかなかできない』
   の始まりでした」

そして、今回の信作(林遣都)の百合子(福田麻由子)へのプロポーズは “2度目” だ。これ、絶対に、3度、4度とやるべきだと思う。それでなければ、先日のナレーションが嘘になるし、2度目のあとに結婚してしまったら、これまで引っ張って来た信作と百合子のやり取りが、ただの時間繋ぎ、引き延ばしになるから。

是非とも、本作に必要なエピソードであったと言える(言われる)ように、まだまだ『信作 結婚のご挨拶が なかなかできない』は続けて欲しい。

あとがき

今回は、ほぼ全編が脇役のプロポーズだったので、書く感想がありません。私が観たいのは「脇役の結婚話」でなく、「主人公・喜美子が陶芸家になる話」なので。その肝心な部分が、じっくり観たかった喜美子の作陶作業のぶつ切りにしたカットの再編集にナレーションを被せただけでは、困ります…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 スカーレット 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]
火火 [DVD]
連続テレビ小説「スカーレット」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13738/

[スカーレット (第92回・2020/1/21) 感想]の続きを読む


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR