ノーサイド・ゲーム (第6話・2019/8/18) 感想

ノーサイド・ゲーム

TBSテレビ系・日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』公式
第6話『本社復帰のチャンス?涙! 最後の決断とは』の感想。
なお、原作の小説、池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」(ダイヤモンド社)は未読。


リーグ戦が幕を閉じ、君嶋(大泉洋)は来年度の予算を承認してもらうため役員会議に臨むが、滝川(上川隆也)から全面的に否定される。社長・島本(西郷輝彦)のとりなしで辛くも承認されたが、「アストロズ」を取り巻く環境は厳しいままだ。数日後、君嶋は元上司・脇坂(石川禅)に呼ばれ、経営戦略室への復帰を打診される。脇坂は滝川の勢いをそぎたいと考えていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」(ダイヤモンド社)
脚本:丑尾健太郎(過去作/小さな巨人、ブラックペアン、下町ロケット) 第1,2,3,4,5,6
演出:福澤克雄(過去作/小さな巨人、陸王、ブラックペアン、下町ロケット) 第1,2,5
   田中健太(過去作/小さな巨人、陸王、ブラックペアン、下町ロケット) 第3,4
   平野俊一(過去作/S最後の警官、カンナさーん、インハンド) 6
音楽:服部隆之(過去作/半沢直樹、下町ロケット、陸王)
主題歌:米津玄師「馬と鹿」(ソニー・ミュージックレコーズ)

唯一の不満要素の"滝川の存在"が描かれ、完成度が高まった!

本作には、ほぼ不満らしきものは無かったのだが、唯一の不満が滝川(上川隆也)をもっと物語に絡め、ビジネスドラマとしての要素を面白くしてほしい… それが不満だった。

しかし、今回は企業買収の部分で、滝川の思惑が「アストロズ」の存続の是非だけでなく、「アストロズ」のオーナーである「トキワ自動車」の未来までも左右する異なることが描かれた。もう、これだけで本作の完成度は更に高まった。

君嶋の木戸への一撃のこの台詞が、スカッとした!

また、相変わらず、物語は主人公である君嶋(大泉洋)を中心に描かれ、今回はプラチナリーグ自体の立て直しを再考し、日本蹴球協会に改革を訴え出ると言う「新たな君嶋の戦い」が始まった。日本蹴球協会プラチナリーグ担当専務理事であり実務のトップを担う木戸(尾藤イサオ)への、この一撃なんて、どんなにスカッとしたことか。

君嶋「私はラグビーの素人です。
   権威に逆らって この世界から追放されたとしても
   痛くも痒くもない。
   そもそも 私は ラグビー自体 好きではないんでね」

「君嶋の勝ちへの止まらぬ挑戦」がブレずに描かれ、お見事!

今回は、「アストロズ」のNO.8・本波(天野義久)の引退に始まり、君嶋が元上司・脇坂(石川禅)に本社の経営戦略室への復帰を打診され、日本蹴球協会との戦い、そして、君嶋の再起のキーパーソンとなりそうな新メンバーの七尾(眞栄田郷敦)の登場と盛りだくさんだったが…

前述の通り、しっかりとドラマの背骨は「君嶋の勝ちへの止まらぬ挑戦」を描き切った。そこへ、ちゃんと君嶋の家族まで盛り込んで。月曜日からのエネルギーを貰った『ノーサイド・ゲーム』の第6話だった。

あとがき

視聴率的には、10~11前後を行ったり来たりですが、この位の仕上がりの良いラグビードラマであれば、TBSはもっと番線をしたら、今年のラグビー人気に乗って視聴者も増えるのではないでしょうか。これは、劇中の「君嶋の戦略」と繋がる点がありますね。出来ることは、やってみる…と言う。

特に、ラグビーど素人でもルールや楽しさが分かることを前面に押し出せば、もっと話題になると思います。何となく癖のある作品ではありますが、しっかりと作り込まれた、スポーツドラマとして、世間の評判がいまいちなので何とか盛り上がって欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」オリジナル・サウンドトラック
ノーサイド・ゲーム
【メーカー特典あり】 馬と鹿 (映像盤(初回限定)) (CD+DVD(紙ジャケ)) (内容未定特典付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13145/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

スポンサーサイト

べしゃり暮らし (第4話・2019/8/17) 感想

べしゃり暮らし

テレビ朝日系・土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』公式
第4話『(不明)』の感想。
なお、原作の漫画、森田まさのり「べしゃり暮らし」(漫画)は未読。



圭右(間宮祥太朗)は姉・しのぶ(徳永えり)と芸人・根津(田中幸太朗)のツーショットを目撃し、あぜんとする。10年前、母が他界し、父・潔(寺島進)が大のお笑い嫌いになったのは、根津と花田(駒木根隆介)のコンビ「ねずみ花火」の漫才が原因だった。辻本(渡辺大知)によれば、根津は女癖も最悪との噂。圭右らは元芸人の新井(石井智也)と会い、根津の近況を聞く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:森田まさのり「べしゃり暮らし」(漫画)
脚本:徳永富彦(過去作/『相棒』シリーズ)
演出:劇団ひとり(過去作/お笑いDVD「都会のナポレオン」)
音楽:髙見優(過去作/義母と娘のブルース、仰げば尊し、お迎えデス。)
   信澤宣明(過去作/義母と娘のブルース、中学聖日記、よつば銀行)
オープニングテーマ:Creepy Nuts「板の上の魔物」
主題歌:B'z「きみとなら」

漫才コンビを描くドラマとしては、正常進化している!

以前から「本作は劇中の漫才で笑わせるより、ドラマの展開で楽しませるべき」と書き、前回から劇中の漫才で笑わせる「お笑いドラマ路線」を離脱したのは大きく評価する。

そして、今回に臨んだのは、ドラマの展開で楽しませる人間ドラマ」だったが、主人公・圭右(間宮祥太朗)の出番は少なかったのは残念だが、その分、漫才コンビ「ねずみ花火」の根津(田中幸太朗)と花田(駒木根隆介)の “芸人魂” を通して、様々な人間模様を描き出すのには成功した。

こう言う展開なら、漫才コンビを描くドラマとしては、正常進化していると思う。

あとがき

今回で離脱するつもりでしたが、この位に人間をしっかりと描いてくれるのなら、次回も観てみます。脚本が、きちんと描くべきものを取捨選択している感じですね。あとは、演出が月並みな映像から脱出すれば…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
テレビ朝日系土曜ナイトドラマ「べしゃり暮らし」オリジナル・サウンドトラック
べしゃり暮らし コミック 1-19巻セット (ヤングジャンプコミックス)
ソニー コンデンサーマイクロホン(単一指向性/全指向性) C-38B


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13144/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

それぞれの断崖 (第3話[全8話]・2019/8/16) 感想

それぞれの断崖

東海テレビ制作・フジテレビ系・オトナの土ドラ『それぞれの断崖』公式
第3話[全8話]『簡単に終わらせてたまるか!』の感想。
なお、原作の社会派ミステリー小説、小杉健治「それぞれの断崖」(集英社文庫)は未読だが、テレ東で 2000年に三浦友和さん主演で放送された連ドラ版は見た記憶がある程度。



満(清水大登)の少年院送致が決まったが、志方(遠藤憲一)は過激な発言のせいで裁判の傍聴も許されない。満がなぜ恭介(渡邉蒼)を殺害したのか、どこの少年院に送致されるかなど、情報は開示されず、感情のやり場のない志方は弁護士・若菜(内田滋)の元へ押し掛ける。そこへ、はつみ(田中美里)がやって来た。憎しみに燃える志方は、家路を急ぐはつみの後をつける。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:雫井脩介「それぞれの断崖」(小説)
脚本:洞澤美恵子(過去作/はぐれ刑事純情派シリーズ)
演出:村松弘之(過去作/五つ星ツーリスト、ドクターカー、家族の旅路) 第1
   藤木靖之(過去作/花の咲く家、誘惑の夏、真夜中は別の顔) 第2
   遠藤光貴(過去作/ドクター調査班~医療事故の闇を暴け~) 3
音楽:羽岡佳(過去作/GTO、特命刑事 カクホの女、主婦カツ!)
主題歌:Angel/CHEMISTRY

これでは、"最終回だけ観れば良い連ドラ化" へまっしぐら!

相変わらず、時代設定がいつだか分かりづらくて、リアリティーに乏しい本作。

とにかく、既に「同級生に殺害された息子の無念を晴らすべく、身分を偽って加害者の母に近づいた被害者の父親が、禁断の愛という皮肉な運命に翻弄されていく」のは事前情報提供しちゃっているのだから、話を進めれば良いのに、この1時間を見ても、ほぼ話が進んでいない。

これでは、“最終回だけ観れば良い連ドラ化” へまっしぐらだ。内容は人間を描こうとしている点で評価しているから、何とか折り返しの第4話で巻き返して欲しい。

あとがき

引き延ばしと煽り過ぎ。もっと、普通にやった方が良いと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
それぞれの断崖 (集英社文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13143/


【これまでの感想】
第1話 第2話

なつぞら (第120回・2019/8/17) 感想

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第20週『なつよ、笑って母になれ』の 『第120回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


なつ(広瀬すず)の妊娠がわかる。夫の坂場(中川大志)と喜んだのもつかの間、これからの生活のことや、産後も仕事を続けていけるのか不安になるなつ。生活は自分が支えていくと言う坂場に背中を押され、なつは働き続けたいというアニメーターとしての仕事への想いを再確認する。下山(川島明)と神地(染谷将太)に妊娠のことを知らせるなつ。たとえ契約社員になっても働くつもりだと伝えると、二人は…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

毎日、録画を見直してまで感想を書いているのに、何なんだろう、この “置いてきぼり感” と言うか、テレビの中の人だけで盛り上がってる雰囲気って。

そもそも、先日の茜(渡辺麻友)の妊娠から契約社員と言うくだりでも、こちらには、正規雇用と契約社員の違いすら明瞭に描かれていないに、なつ(広瀬すず)は契約になっても仕事を続けたいと同僚に訴えていた。

なつは、一体何のためにアニメーターの仕事をしてるの?

しかし、これも良く分からないのだ。「今現在のなつ」が何のために「アニメーター」と言う特殊な職業に就きたいのかが。坂場(中川大志)が定職に就いていないから、安定収入を得るためなのか? それとも、未だにアニメーターと言う職業が好きだとか天職だと思っているとか?

そう言う、契約社員になることは容易に予想出来た状況で、自ら妊娠をし、その上で「アニメーター」と言う職業を契約社員になってもやりたい理由が全く見えて来ないのは、本当にダメ、の一言しかない。「辞める気がない」となつ自身が言おうと、同僚たちが「なっちゃんは大変なんです」と言ったところで、なつの意思は全く見えない…

いつから、なつは仕事が出来る人になったの?

そして、更に “置いてきぼり感” を加速させたのが、神地(染谷将太)らが、映像的には “いつも数秒間の原画をパラパラめくって、たまにペンで原画を書く程度のことをやってるだけのなつ” を評価している点だ。

だいぶ前に、女性初の…とか言って取材を受けたくだりがあったが、それ以降は大作の重要な作業を任されていたと言うような話は殆ど記憶にない。少し前に劇場公開作品を手掛けていると言う描写はあったが、あれも「亜矢美の乱」でうやむやになった。一体、いつから、なつは東洋動画に不可欠な、仕事を出来る人になったのか? ってこと。

ヒロインを応援したくならなければいけない場面なのに…

働くヒロインを描く朝ドラで、働くヒロインを描かないだけでも大問題なのに、「亜矢美の乱」が終わって、勝手に「なつの妊娠騒動」に話を進めた途端に、同僚たちがずっと職場に不在にしか見えなかったヒロインに揃って共感するのが、正直気持ちが悪い。本来は、こう言う場面でこそ、視聴者がヒロインを応援したくならなければいけないのに…

あたかも、なつが仕事を「やった」ように描くのは許し難い

そして、久しぶりになつの演説が登場した。

なつ「仕事で もっともっと成長していきたいんです。
   いい作品を作りたいんです!」

いつ、なつが仕事で成長したの? いつ、なつがいい作品を作ったの? そう言うのをしっかりと描くことが、働くヒロインを描く朝ドラの本質なのに、そこを徹底的に描かず、あたかも「やった」ようにして、話を進めるのは視聴者を馬鹿にし過ぎだと思う。

あとがき

予告編を見た限りでは、出産シーンは柴田家がいたから産休をとって、坂場と一緒に北海道で里帰り出産したってことのようですね。社長に直談判した時に「仕事はやる」って言っていたのに、里帰り? 北海道でもアニメの仕事は出来るの?

それとも、都合よく妊娠発覚から出産するまでの数か月で女性初の作画監督の仕事は終わったとか? まっ、もうどうでも良いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
『なつぞら』ヒロインモデル・奥山玲子の児童書が39年ぶりに復刊「新装版 おかしえんのごろんたん」
NHK連続テレビ小説「なつぞら」オリジナル・サウンドトラック【BEST盤】


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13141/

[なつぞら (第120回・2019/8/17) 感想]の続きを読む

セミオトコ (第4話・2019/8/16) 感想

セミオトコ

テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『セミオトコ』公式
第4話『4日目のセミ』の感想。



由香(木南晴夏)はセミオ(山田涼介)から、由香に恋をしていると告げられ、彼の正体や残り時間など考えず楽しむと決める。恒例のようになったアパート住民揃っての朝食でも、セミオの恋が話題に。一方、マサ(やついいちろう)は悲しい過去を思い出した春(山崎静代)の様子が気になる。そんな中、セミオは由香の職場に同行。小川(北村有起哉)は仕事先で以前の後輩に会う。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:岡田惠和(過去作/ひよっこ、ど根性ガエル、最後から二番目の恋)
演出:宝来忠昭(過去作/ヒモメン、僕の初恋をキミに捧ぐ、家政夫のミタゾノ3) 第1,2
   竹園元(過去作/明日の君がもっと好き、私のおじさん) 第3,4
音楽:agehasprings
主題歌:Hey! Say! JUMP「ファンファーレ!」(ジェイストーム)

第4話になって、本作の良さが際立って来たように思う

第4話になって、本作の良さが際立って来たように思う。とにかく、登場人物が多く、在りがちな “ちょっと変わった人たち” の群像劇になって、由香(木南晴夏)をセミオ(山田涼介)のくだりが、埋没してもおかしくないのに、きっちりとドラマの真ん中に由香とセミオがいる。

もう、それだけでも凄いのに、セミオの “一週間の切なさ” と “無邪気な明るさ”、そして由香の “ピュアな恋心” を丁寧に重ねて、更に、そんな二人の様子に変化していく周囲の人たちの人生まで描き込まれている。平凡な表現になってしまうが、本当に良く出来た連ドラだ。

そして、今回はセミオの “恋心” を感じた由香の “嫉妬心” を面白おかしく描かれた。セミオがセミの抜け殻を手にし、鳴くセミたちに「あと4日しかしかいられない…」と言った自分に驚く姿にホロリと来た。

更に付け加えるならば、同じ金曜日の夜の連ドラ『これは経費で落ちません!』は、第4話で演出家が交代して雰囲気が変わってしまったのに、本作も第4話から新しい演出家になっても雰囲気は同じだった。これも何気なく凄いことだと思う。

あとがき

今も、我が家の近くでセミが鳴いている。これまでは「うるさいな」なんて思ったのですが、本作を見始めてからホンワカするようになり、この第4話を見てから、「セミってボクたちを見守ってくれているんだ」と思うようになりました。

まだ第4話ですが、夏の終わりと共に今から “セミオロス” の初期症状が出ている自分に気付きました… 皆さんの “セミオロス” は大丈夫ですか?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
テレビ朝日系金曜ナイトドラマ「セミオトコ」オリジナル・サウンドトラック
【メーカー特典あり】 ファンファーレ! (初回限定盤1+初回限定盤2+通常盤 3種セット) (『セミんぷぅ・ペアステッカー~あれもこれもセミも~』(オリジナル・ステッカーC)付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13140/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR